HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

久しぶりにゲームをしたら3D酔いになった話

皆さんは3D酔いというものを知ってますか?3Dを使用した動きの激しいゲーム(FPSとか)や動きの激しい映画などを慣れていない人、三半規管が弱い人が見ると乗り物酔いみたいな症状が出るアレです。例えばですが、画面が長時間揺れるとそれに弱い人はだいたい3D酔いになります。

【第2類医薬品】乗りもの酔いの薬「クニヒロ」 12錠

【第2類医薬品】乗りもの酔いの薬「クニヒロ」 12錠

僕の母親はこれにめっぽう弱く、バイオハザード3より後のバイオハザードができなくなるというレベルで3D酔いに弱かったのです。どういうことかっていうと3より前のバイオはカメラが固定だったのですが3以降のは所謂TPS(自分の動かすキャラを少し後ろから見るような3人称視点)なんですよ。あっごめんなさいわかんないならいいです。


先日テストが終わったので、ちょっと今日は少し羽を伸ばそうと友人とスカイプで話しながらゲームをしたんですよ。そのゲームはFPSという自分が動かすキャラクターの視線を再現するタイプのゲームで、腕だけ見える画面のゲームありますよね。あれです。


テスト期間に流石にゲームやるのもアレだろうとそのゲームをしていなかったのと、テスト期間前にも割と忙しく、家に帰って寝る生活をしていたのでゲームする時間がなくおおよそ1ヶ月ぶりくらいのFPSだったんですね。楽しいなぁと思いつつ友人の操作するキャラクターに射殺されたり、僕の不注意で落下死したりしていたのですがどうも調子が悪いんですよ。


エイム(狙い)が合わないし、集中力がもたないし、若干熱があるし、明白な吐き気があるんです。


これダメだなって思って友人にその旨を伝えたところ満場一致で「寝ろ」との言葉が返ってきたのでその言葉に甘えて寝ることにしたんですが、布団の中に入っても眠気が何一つ来ないんですよ。なぜなら吐き気の方が強いからです。今寝たら絶対に寝ゲロする・・・と思った僕はとりあえず布団の中でボーッとYoutubeを見ていました。


しばらくしたら吐き気が収まったので風呂にさっと入っていまブログを書いているんですが3D酔いを今までしなかったのに急になったことに対して、僕は海より深いショックを受けています。花粉症に初めてなった時のショックに似ています。僕はいつの間に弱くなったんだ、とショックを受けました。別に自分のことを強いとは思っていないですよね。


それではまだうっすらと残る吐き気が治るのを祈って寝ます。ではまた。

広告を非表示にする