読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

明和電機の処分市に行ってきました

こんにちは、HaLuKaです。

僕は2017年3月4日に行われたイベント、明和電機の処分市に行ってきました。すみません、何もわからないと思うので一から説明します。

明和電機は中小企業をモチーフにしたアーティストグループで、100Vで動く芸術作品を山ほど作っています。
彼らが製作した作品の中で一番有名なのは、指パッチンをすると指に装着したスイッチが入り、木魚を叩く楽器「パチモク」です。僕はこれを友人と二人で高校の卒業制作で作ったのですが、それはまた別の機会に話します。
また、ニコニコ動画を見ている方にはオタマトーンが一番わかりやすいのではないでしょうか。これを作ったのは明和電機の社長(という立ち位置の人)です。
f:id:HaLuKa:20170310120949j:plain
そして処分市ですが、武蔵小山にある彼らのアトリエにあるいろいろなものを売ってくれる、というイベントです。

明和電機ツイッターを見ていたところ告知をしており、調べたところ僕の家から1時間以内に行けることがわかったので母と行くことにしました。


道中ですが、本当に興奮していてあまり写真を撮っていませんでした。


武蔵小山駅から10分ほど歩くと、明和電機のアトリエにつきました。
f:id:HaLuKa:20170304130732j:plain
明和電機の看板が見えた瞬間に、「本当にあるんだな」という感想を抱きました。バカみたいな感想ですね。

アトリエに足を一歩踏み入れた瞬間から、僕は震えが止まりませんでした。興奮して震えたのは多分初めてだと思います。
アトリエの中には商品と、奥の方には彼らの作った作品が5つ置いてありました。
f:id:HaLuKa:20170304121325j:plain
僕はここらへんで過呼吸になりました。興奮しているので・・・

興奮した僕は一心不乱にシャッターを切っていました。
f:id:HaLuKa:20170310131257j:plain
Youtubeで、公式サイトで、ツイッターで見た、あのパチモクがそこにあるのです。撮らないわけがないですよね。

この辺で僕はもう幸せでいっぱいいっぱいだったのですが、そんな僕の後ろを明和電機の社長が通るわけですよ。
「本当に生きて、存在するんだなあ」と思いました。今まで液晶越しにしか見ていなかった人を実際にある程度以上の距離で見ると、妙な感動があります。

このあとはしばらくウロウロし、いくつか欲しかったものを購入し、なんとサインを頂いてしまいました。
f:id:HaLuKa:20170310121139j:plain
サインをしてもらった雑誌を手渡されたのですが、僕が震えていたことがバレていなければいいなあ、と思います。

あと、レジの近くに置いてあって買うつもりもなかったのに買ったのはこちら、方眼紙の柄の鏡です。
f:id:HaLuKa:20170310121331j:plain
めっちゃ良くないですか・・・?


・・・以上です。僕がとんでもなく興奮していた様子が伝われば幸いです。
さて、今回購入したものの中でお気に入りなのはこのキャプションです。
f:id:HaLuKa:20170310121537j:plain
展覧会の際に作品の近くに置いて説明するやつですね。
f:id:HaLuKa:20170310121755j:plain
部屋に置くと本当に何も意味がわかりませんが、やたらと主張してきます。良くないですか?僕はいいと思います。
ではまた。

広告を非表示にする