HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

バファリンの優しさの正体を有効成分から探してみた。~バファリンプレミアム篇~

ただまあ、僕の家にはバファリンプレミアムありませんでした。

どうも、HaLuKaです。

さて、頭痛になったら飲む薬といえば・・・?と聞かれたらあなたはどんな薬を思い浮かべるでしょうか。

いろいろな薬を思い浮かべると思いますが僕は一番最初に思いついたのはバファリンでした。

バファリン、少なくとも日本国内では有名ですもんね。

ではそのキャッチコピーといえば・・・?と聞かれたらこのワードを思い浮かぶ方は多いかと思います。

「半分はやさしさで出来ています」ですよね。CMで有名になりました。

しかし仮に半分が優しさと言っても世の中にある優しさにはいろいろな種類がありますよね。

バファリンにはどんな優しさが入っているのでしょうか。検証したのでご覧下さい。

今回検証に使うのはバファリンプレミアム

【指定第2類医薬品】バファリンプレミアム 40錠

【指定第2類医薬品】バファリンプレミアム 40錠

バファリンプレミアム

これらについてくる説明文書から探していきたいと思います。これ公式がネットで配布してました。

調べたところ1錠が330mgぐらいの重さらしいです。これの半分の量の成分が優しさ、というわけです。

バファリンプレミアム

普段そこまで読まない説明文でしたがこうやって見直すとなかなか面白く読むことができました。

頭痛を治す薬なのに副作用で「無菌性髄膜炎」というものになると激しい頭痛になるらしいです。

本末転倒ですよね。ただまあ僕はなったことがないのでなんともいうことができません。

さて、ではここらへんで探していきましょう。何が一番多いのでしょう。

330mg(全体)
65mg(イブプロフェン
65mg(アセトアミノフェン
40mg(無水カフェイン)

30mg(アリルイソプロピルアセチル尿素
35mg(乾燥水酸化アルミニウムゲル)
95mg(その他)

はい。太字の3つが半分です。考えられることはこれらが優しさではないかということですね。

ではこれらはなんなのか、少しばかり調べてみました。

イブプロフェン

大体の鎮痛に使える成分。手術後に飲ませることもあるとか。

ちょっとずつ摂取したらアルツハイマーを防ぐ可能性もあるらしいです。イブプロフェンすごい。

さらに言うと鎮痛や解熱等に使われる成分の中で胃腸障害が一番少ないらしいです。こいつすごい。

でも、副作用として吐く恐れがあります。もう一度言いますが胃腸障害が一番少ないらしいです。

アセトアミノフェン

インフルエンザの解熱にも使われるらしいです。

胃腸を刺激しづらく、こういう薬にありがちな眠気も少ないらしいです。これもすごい。

ただまあ、副作用として吐く恐れもあります。刺激しづらいんじゃなかったっけ。

無水カフェイン

鎮痛効果に便乗して効果を大きくします。メガホンみたいですね。

カフェインと言うとおり脳が興奮、眠気や疲労感も取れるらしいです。これだけ聞くと麻薬みたいです。

あと、たくさん摂取すると吐く恐れもあります。


・・・いかがでしょう。胃に優しいとか言いながら普通に吐くらしいです。

まあそんなこと言ったら醤油だってガッツリ飲んだら吐きますけどね。確かに若干誇張しました。

では最後に、今までの話をすべてまとめた結果を書いて終わりにしたいと思います。

・・・何かを(胃腸の不調)やらない、といいつつたまにしっかりやってくれる(副作用)・・・

これはまさに、王道なツンデレですよね。僕たちが好んだ、古き良きツンデレです。

ツンデレといっても互いに好き同士でなければそれはただの腹立つ女の子に過ぎません。

ここまでの推測をまとめて考えるとバファリンプレミアムは主人公(使用者)のことが好きですよね。

つまり、バファリンプレミアムの優しさは、「恋愛的な方面での愛情」でした。

検証結果

バファリンプレミアムはツンデレで、優しさというより愛情が半分を占めている。


なんだか僕が最初に書きたかったことと全然異なりましたがまとまったのでよしとします。

今後みなさんがバファリンプレミアムを使うときは愛の言葉でも囁いてあげてくださいね。

ではまた。