HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

高校の同級生とニューイヤー旅行をしてきました 中編

前回のあらすじ~

f:id:HaLuKa:20180102162742j:plain

ようやく旅館についたので今から草津へ行きます。



f:id:HaLuKa:20180124002619j:plain

さて、草津へと出発した僕たち一同ですが、しばらくしてからどことなく雰囲気が変わったことに気がつき始めました。

f:id:HaLuKa:20180115000001p:plain 「めっちゃ雪降ってない?

雰囲気もクソも降雪でした。

f:id:HaLuKa:20180114235951p:plain 「こえー」

僕らの住む千葉県、特に千葉市にはあまり雪が降らず、雪の中の運転などする機会がまずないのでいくらスタッドレスを履いていてもおっかないのです。

肝を冷やしたり、寝たりしていると2時間弱で草津につきました。僕は先ほどの会話以降ずっと寝ていたため何も記憶がありません。駐車場で目が覚めました。

f:id:HaLuKa:20180115000052p:plain 「よっし湯畑見に行こうか

僕らが草津で楽しみにしてたのは温泉…だけではなく湯畑の観光も楽しみにしていたのです。

湯畑とは木で出来た樋に源泉を流して、とてもそのままでは入れるレベルじゃない源泉の温度を下げたり、温泉の成分を取り出して湯の花を取ったりなどする設備です。

説明するとなんとも地味ですね。まあ、ご覧下さい。
https://www.instagram.com/p/BdjYNh-lnWb/
画像クリックで僕のインスタグラムに飛べます、飛んで!

f:id:HaLuKa:20180115000013p:plain 「うわーめっちゃ綺麗じゃん、ライティングされてるし」

f:id:HaLuKa:20180115000039p:plain 「ロックフェスみたい

高温の源泉から出る湯気とライティング、そして時期が時期なので雪も合わさり、それはそれは絶景でした。

なかなかこんな光景は見ることができません。家の近くに湯畑無いですもんね。しばらく湯畑を見て感心したり、写真を撮っていたりしていたところヒュウガが震え始めました

f:id:HaLuKa:20180102181803j:plain

f:id:HaLuKa:20180114235951p:plain 「温泉そろそろ行かない?」

f:id:HaLuKa:20180115000107p:plain 「なんでお前パーカーだけでここ来てんの?

とはいえ皆そろそろ指先の感覚がなくなり始めてきました。隣の県だしそこまで気温も変わらないだろ、と全員が甘い考えを持っていたからです。

そんなわけで着いたのが公衆浴場の白旗の湯。僕の指がかじかんで写真は撮れなかったので、みなさんで検索をしたりしてください。とにかく僕らは白旗の湯に入りました。

よく温泉は湯の質が違う、触ったらすぐわかる、などと言いますよね。僕らも感じることができました。湯に触れてびっくり、めちゃくちゃ熱いのです。

f:id:HaLuKa:20180115000039p:plain 「これ死んじゃうけど」

f:id:HaLuKa:20180115000013p:plain 「アアッ

これは僕らの知ってる風呂じゃない。僕は脱衣所に貼られた注意書きに「この温泉は源泉をほぼそのまま流しています」と書かれていたのを見て唖然としてしまいました。そりゃ熱いわけです。僕はかけ湯のみを、他のメンバーは一瞬だけ湯船に入ってから浴場から出ました。

f:id:HaLuKa:20180115000107p:plain 「すげーかけ湯だけでこんなに温まるもんなのか」

f:id:HaLuKa:20180115000001p:plain 「肌すべっすべだよ(湯は酸性)」

かけ湯やちょっと浸かっただけでも僕らは体の芯まで温まり満足したため、僕らは旅館に帰ることにしました。旅館の夕食は8時からなので、それに間に合うように帰らなければならないのです。先程までは寒い寒いと言っていた寒空の下、あったかいねーなどと言いながら駐車場まで歩きました。

f:id:HaLuKa:20180102182919j:plain

車に乗り込んだ僕らは、アイスバーンと雪まみれの道路を通って旅館へと戻りました。飛ばすとみんな死ぬし、飛ばさなくても最悪死ぬよね、という会議のもとかなり遅めの運転をしていたところ、ヒュウガがどこかしらに電話をかけ始めました。

f:id:HaLuKa:20180114235951p:plain 「はい、すいません夕食には間に合わないかもしれません…」

雪とアイスバーンのため夕食に遅れる、という旨の電話を旅館にしていました。8時で旅館の夕飯は終了してしまいますが、今は7時前。来るのに2時間弱かかったのにこれでは間に合いません。着いたらみんなで謝るか、という話をみんなでしていたところ車のスピードが急に上がりました。メーターを見ると60キロでした。

f:id:HaLuKa:20180115000052p:plain 「間に合わせる、俺は電車でGO!をやりこんでダイヤ管理を覚えた人間だぞ

路面を見ると雪も氷も全くなく、暖かいエリアに突入したようです。これなら車をちゃんとしたスピードで走らせることができます。電車でGO!理論も心強く、頑張ればなんとかなるかもしれない、そう皆が思いだしました。


僕らは夕食の時間までに旅館にたどり着けるのか、そして驚愕の夕食の内容とは…?後編に続きます。

高校の同級生とニューイヤー旅行をしてきました 前編

こんにちは、HaLuKaです。

突然ですが、三か月前から遊びの予定を考え出すこと、ありますか?僕はありませんでした。大体の遊びは近場で完結してしまうので、予定を立てるまでもなかったのです。そのうえ、今までにした旅行も突発的なことが非常に多く、1ヶ月以内にあらゆる準備が終わってしまいました。

しかし今回は違いました。理由は後ほどわかるので、そこまで読んでください。旅行記、始まります。

f:id:HaLuKa:20180102131639j:plain

今回の旅行の行き先は伊香保温泉・草津温泉。雪の降る中浸かる温泉は非常にオツなものだろう、と全員が思ったからです。老け込んだ趣味ですね。

それでは早速、イカれつつ老け込んだメンバーを紹介します。


f:id:HaLuKa:20180114235951p:plain 元帰宅部。疲労骨折に気づかず放っておいたため慢性の腰痛を抱える。

f:id:HaLuKa:20180115000001p:plain 元写真部。千葉に帰ってから高熱を出し、インフルエンザだと判明。

f:id:HaLuKa:20180115000013p:plain 元写真部副部長。ドクターストップを無視してラーメンを食う狂人。93キロ。

f:id:HaLuKa:20180115000039p:plain 元軽音部部長。唯一の学生で、ペットの爬虫類のために一眼レフを買うが、カビる。

f:id:HaLuKa:20180115000052p:plain 元山岳部部長。海上自衛隊。3か月前から計画を立てた理由は、この旅行が彼と会うための旅行だから。

f:id:HaLuKa:20180115000107p:plain 元写真部部長。この旅行のために8万円のレンズを購入した。


以上、僕ら6名はレンタカーを借りにレンタカー屋に行き、ワゴン車のWishを借りました。ヒュウガはセレナを持っているのですが、千葉では滅多に雪が降らないことからスタッドレスタイヤを持っていないためレンタカーを借りることにしました。

全員未成年のため手続きが少々滞りましたが、大きな問題はなく僕らは千葉を出発することができました。最初の運転手はVampaです。

f:id:HaLuKa:20180102110832j:plain

f:id:HaLuKa:20180115000001p:plain 「イニシャルDの曲流していい?」

f:id:HaLuKa:20180114235951p:plain 「流した途端に渋滞に捕まったけど」

順調ですね。出発してからしばらく経ち、ずっと同じ人に運転させるのもちょっとな、とうっすら思い始めたあたりでパーキングエリアを見つけたので一度休憩を挟みました。

f:id:HaLuKa:20180102131721j:plain

f:id:HaLuKa:20180115000052p:plain 「よっしゃ海上自衛隊体操やるわ」

f:id:HaLuKa:20180115000039p:plain 「?????」

ここで運転手は先程から運転したがっていたデブに交替、運転はしたい人がするのが一番いいと思います。ちなみに、デブは高校でそこそこ仲良くなったあたりから自分のことをデブと呼ぶよう僕らを教育しました。狂人だからです。

f:id:HaLuKa:20180102140343j:plain

彼の運転もまた非常に上手で、頻繁に家族の車を運転しているだけあるな、と思いました。彼の運転を堪能すること数十分、デブがおもむろに口を開きました。

f:id:HaLuKa:20180115000013p:plain 「腹減ってきたんでサービスエリア寄りません?」

f:id:HaLuKa:20180115000107p:plain 「デブだな~」

とはいえ僕らは出発直後にコンビニに寄ったっきり何も口にしていません。2時半という中途半端な時間ではありますが、僕らはお昼にすることにしました。

f:id:HaLuKa:20180102141022j:plain

そんなわけで到着したのは埼玉県の三芳パーキングエリア。お祭りの屋台のようにたくさんの店があり、それはそれはテンションが上がりました。

f:id:HaLuKa:20180102141230j:plain

f:id:HaLuKa:20180115000013p:plain 「肉巻きおにぎり買ったら周りの人に笑われたんだけど」

f:id:HaLuKa:20180115000001p:plain 「なーんかかわいそうって言い切れないなー」

f:id:HaLuKa:20180115001926j:plain

三芳PAには本当にいろいろな種類の結構美味しい食べ物が有り、僕らは心と腹を一通り満たしたあとに車に乗り込みました。

f:id:HaLuKa:20180102154032j:plain

ここからはヒュウガの運転です。通勤に使わず趣味だけで半年で5000キロを走った男の運転は流石の一言、安定したドライビングであっという間に群馬に到着しました。

そういえば自分らがいる場所が千葉じゃなくて群馬なんだ、と思わされたのは僕らを囲むかのようにそそり立つ多くの山々でした。群馬といえば榛名山、僕もその名は聞いたことがあります。

僕は有名な山、という程度の認知でしたが車好きの友人らに聞いたところ走り屋の聖地らしく、確かに旅館への道ではスポーツカーを沢山見ることができました。

f:id:HaLuKa:20180115000013p:plain 「おっRX-7だ」

f:id:HaLuKa:20180115000052p:plain 「あれインプレッサだ」f:id:HaLuKa:20180115000001p:plain 「うわっAE86だ!!!!」
トミカ 頭文字D AE86トレノ

トミカ 頭文字D AE86トレノ

車好きの彼らは死ぬほど興奮していました。車に詳しくなくても、普段町ではあまり見ない車ばかりなので見てると結構面白いです。みんなでしばらく騒いでいると、僕らを乗せた車は予約した旅館の駐車場に止まっていました。

f:id:HaLuKa:20180102162742j:plain

チェックインを終えた僕らは、休憩もそこそこに荷物からバスタオルと着替えをより分け、別の鞄に詰め出しました。もう旅館についているのにこれ以上何処へ行くのか。

僕らは、今から風呂に入るために一時間かけて草津に行くのです。女将さんに鍵をあずけ、僕らは先程よりは少ない荷物を持ち車に乗り込みました。行きの運転はヒュウガ。アイスバーンに肝を冷やしつつ、僕らは草津へと旅立ちました。

中編へ続く。

2018年の抱負「もう一度敬語を使えるようになる」

今週のお題「2018年の抱負」

あけましておめでとうございます。先日公開した年賀状企画ですが、応募者が0人のため企画が潰れたHaLuKaです。


さて、僕は2017年に高卒で就職した社会人。ブロガーのファンチャットに中二の夏休みを全て費やし成績がドベになった過去を持つ僕が、社会人としてやっていけるのかは自分自身でもとても心配でしたが現状何とかなっております。おめでとうございます。

僕の仕事はいわゆる工場受付で、お客さんと話して要件を聴いたり、自分に出来ることなら何とかするのが主な仕事です。

そんな仕事をしている僕の抱負がなぜ「もう一度敬語を使えるようになる」なのか、お客さんと常に敬語で話しているのではないか、とお思いの方もいることでしょう。


僕のよく話すお客さんは、トラックの運転手が多いのです。そりゃ最初はガッチガチの敬語でお客さんと話していました。しかし、しばらく経った頃にとあることに気がついたのです。

多少崩した敬語の方が相手が萎縮しないことに。

ガッチガチの敬語じゃない方がいい場合もあるんだ、と知った僕はそれから意識的に言葉遣いを変えました。

言葉使いを変えたあの日から、運転手さんが話しかけてくれることも増え、こ慣れ感も出てきました。何より、自分もリラックスできるためミスも減りました。いいことですね。


しかし、それからしばらくたった今、敬語がすっと出てきていない現状に震えています。

少し崩した敬語を用いる日常に、馴染んでしまいました。いかんせん不器用なのでこういったことをすぐに両立させるのがあまり上手くないのです。僕の中の敬語は崩れた敬語もどきに染まっていき、このままでは追々いろいろなことで大恥をかくことになります。恥をかくのだけは避けたいのです。恥ずかしいので。

とりあえず、今年はなるべく本を読もうと思います。

ではまた。

睡眠不足とクリスマスについて

こんにちは、HaLuKaです。今日は二つの弱い話題を組み合わせてそこそこのボリュームの記事にしたいと思います。

f:id:HaLuKa:20171219194514j:plain

僕は今年で18歳。そのうえ高卒で働いております。今の仕事は受付で、ガムを噛んだり、コーヒーを飲んだりしています。

時の流れはいくらあがいても止められぬものですし、今の現状にほとんど不満も抱いていません。ではなぜいまさら、しかも今の時期にそんなことを書いたのか。

クリスマスプレゼントが貰えなくなるんですよ。

18歳、社会人。大人とは行かないまでも子供とは流石に言えないでしょこんなもん、ということでサンタさんに見限られてしまいました。悲しいですね…

あの頃のクリスマスを待ち焦がれた気持ちなどはどこへやら、今年の僕にとってクリスマスはただの月曜日。夢も希望もロマンもなく、トナカイは空を駆け抜けなくなりました。



二つ目の話題です。

最近睡眠不足でして、毎日が辛くて仕方がありません。

僕はもともと深夜帯が比較的好きな方で、SNSを何も考えずに見たり、声優のラジオを聞いてニヤニヤするなどの非生産的を極めた時間を過ごすのに適している時間だと思っているからです。

最近は日にちを跨いでからが僕が最高に輝く時間で、大好きな声優のラジオを聞き流しながらいらない情報ばかり流れていくSNSを眺め、「ねみ~」と呟いています。終わってますね。

f:id:HaLuKa:20171219213705j:plain

当然こういうことをしているので肌が荒れたり立ちくらみをしたりなどの影響はあるのですが、どうしてもやめられないのです。今日は早く寝るぞ、と思っていても夜中まで起きてしまいます。今も12時を回っています。夜ふかしは危険ドラッグなのです。

学生の頃は水曜日あたりになると体力が切れて家に帰った途端にぶっ倒れ、12時間くらい寝ることで回復をしたりしていたのですが、今は微妙に体力がついてしまい倒れるまでも行きません。もう夜ふかしは自分の意志では止められません。危険ドラッグだから。


と、思っていたのですがクリスマスに近づくにつれ眠たくなっている自分がいます。それもここ2日くらいで急に、ガクガクと眠くなっているんですよね。

f:id:HaLuKa:20171219194246j:plain

あっ

f:id:HaLuKa:20171219194143j:plain

睡眠不足に悩んでいた彼はとうとう眠りについてしまいました。瞼を閉じた彼の体を、光り輝く数多の線が包み込みます。

f:id:HaLuKa:20171224210803g:plain

ここはネバーランド18歳を超えてしまった子供ではなくなった者は、妖精の力で子供を喜ばせるプレゼントへと形を変えられているため、この国には大人が一人もいません。

プレゼントに変わってしまう元子供の不安や恐怖を減らすため、この魔法は彼らには教えられることなく、当日に強制的に眠らせて行います。しかし、眠る直前の彼らの顔はいつも笑っているそうです。

f:id:HaLuKa:20171219194644j:plain

メリークリスマス。





※この記事は一部がノンフィクションです。ネバーランドの設定はこういったものではないはずですし、母親にずっと仮面ライダー555の変身ベルトを頼んでいるため多分今年も僕にはサンタさんが来ます。