HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

生まれて初めてアイマスのライブに行ってきました

こんにちは、HaLuKaです。

さて、僕はアイドルマスターが好きです。かれこれ今年で5年くらい、ずっとずっと好きです。

アイドルマスターはプレイヤーがプロデューサー視点で女の子をトップアイドルにしていくゲームで、ゲーム以外にもアニメ化や別シリーズなど様々なことをしているのですが、主人公がアイドルなため二次元オタクコンテンツ界隈の中でもかなりシリーズ内の楽曲が多く、その数およそ700曲以上。

そのためアイマスは定期的に声優たちが歌って踊るライブを開催しており、10月7日、8日には二度目の武道館ライブを開催したのです。

f:id:HaLuKa:20171008163125j:plain

今回は僕がそれに行った話をします。話したいからです。話したいので文字ばかりです。覚悟は、いいですか?



さて、僕がアイマス好き、通称アイマスPになった時期は中学2年生。中学生の僕にはライブの存在を知っても行けるお金はなく、高校に入ってもバイトをしなかったためお金がなく行く機会がなかったのです。

高校を卒業して社会人になった今、お金だけは今までとは比べ物にならないほどあるのと、この記事この記事で書いたとおりPの友達が非常に多く後押しされたため、行くことにしました。ちなみにこの記事に出ている友人らは、ほぼ全員現地に行っています。武道館現地の狭き門ですよ、すごい話ではないですか・・・


さて、ライブはCDを積んで行きました。翻訳すると、応募券付きのCDを20枚買いました。

f:id:HaLuKa:20171015004936j:plain

僕も初めて知ったのですが連番というシステムが有り、いわゆるペアチケットが応募できるのです。僕は1日目に20枚の応募券をつぎ込んで連番で友人を連れて行き、2日目は40枚をつぎ込んだ友人の連番で連れて行ってもらいました。持つべきものは金をオタク趣味に躊躇なくぶっ込める友人ですね。


ライブ当日、まずは友人ら4人で物販に並びました。ライブ前に会場でグッズを売る、普通のアイドルとかもやるアレです。

僕らは、始発で行きました。雨の中5時間待ちました。とはいえ屋根があり、列の場所を確保してしまえばあとは移動し放題だったため途中でコンビニに行ったり寝たりとそこまで苦痛ではありませんでした。

f:id:HaLuKa:20171014235732j:plain

これは物販を戦ったものの勲章、オタクソードです。想定以上に長くはみ出した部分が死ぬほど邪魔だったので普通に手で持ちました。

オタクソードを友人の車に奉納し友人と合流した後、僕たちオタク数人は武道館に向かいました。ずっとへらへらと笑いながら、楽しみすぎて狂いそうという話をしていました。少なくとも僕はCDを20枚買ったあたりからテンションがおかしいので、既に狂っているかもしれません。


武道館に着き、席に座りました。1日目の僕が取った席はアリーナ、A4列。端的に言うと、
f:id:HaLuKa:20171014235231j:plain

画像はこちらから借りましたhttp://www.livehis.com/seat/seat2_budokan.html

ここです。5年間の積もりに積もった愛がアリーナを引き寄せました。

というのも1日目と2日目では出演者が全く異なっており、1日目の方にアイマスの中でも僕が最高に好きなキャラクターの声優さんが出演するのです。超楽しみだったんです。

そんなことを隣に座っていたアイマスPの方に話しかけていると、ライブが始まり出しました。


細かいことは言いません。言ってもわからないだろうし、止まらなくなりそうだからです。

でも、一番最初の曲だけ話します。Welcome!!という、皆のこと大好きだし私たちの頑張り見てて、みたいな華やかな曲でライブが始まりました。

www.youtube.com

華やかで明るい曲なんですが、僕は号泣してしまいました。

最初に涙がボロボロとこぼれたとき、さては感情をミスったかな?と思いました。泣く曲じゃないし、ずっと楽しみだったから。

でもその楽しみとか、感動とか、積もりに積もった思いがぐっちゃぐちゃになった時に、僕が不器用だから涙しか出力ができなかったんだ、と思い好きなだけ泣くようにしました。


泣くだけ泣いたら、叫ぶようになりました。


あそこまで全力でコール(間奏などでリズムに合わせて叫ぶやつ)をしたのは多分生まれて初めてでした。テンションが最高にあがった時に好きな声優が投げキッスをしたのですが、その瞬間僕の喉は潰れ、それから4日ほど声がまともに出ませんでした。しばらくは電話応対の仕事にゴリッゴリに影響が出るんだろうな、とライブ後にかすれた笑いが出たのを覚えています。

ライブ終わりに友人らで集合したのですが、漏れなく声がガッスガスでも目を爛々とさせライブについて話し続ける、数百年の時を経て人に出会えた感情のあるロボットのようで非常に怖かったです。

1日目はそのまま帰り、2日目はそのまま六人くらいで友人の家に泊まりました。なぜならこの週は月曜日が祝日の三連休だったからです。

友人宅に着いたのが朝の五時で、それから7時くらいまでずっとライブの良かったところ、今回やらなかった曲について、今後のライブについてをずっと話していました。こういう青春のあり方もあります。


・・・以上が初ライブの思い出です。話したいだけ話せたのでだいぶすっきりしました。

最高の思い出をありがとう、最高のグッズを用意してくれてありがとう、アイマス最高、僕は給料日まで2000円ちょいで生活をします。

どうやって生きていこう、ではまた。