HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

音楽の先生がよく言う「音楽」の概念とは


「もし音楽がなかったらみなさんはどう思いますか?」



皆さんも小中学校の合唱コンクールとかの開会式で音楽の先生のこう言う言葉を

一度は聞いたことがあるかと思います。ちなみにこの記事は真面目な記事ではありません。

この人たちはどの範疇までを「音楽」として認識しているのでしょうか。


案その1「楽器で音を出す、もしくは歌うもの」


僕たちが普段「音楽」と認識しているものです。もしこの「音楽」がなかったら

随分と生活は寂しくなります。NO MUSIC NO LIFEとはよく言ったものですね。

案その2「音楽とは『私にとっての命』」

即死します。笑えねぇ。笑えません。

または『音楽は私の体の一部』というような人も下手すると死にますね。

案その3「俺が・・・俺たちが『音楽』だ!」

即死。

案その4「音楽とは全ての『音』である」


この状態でもし音楽がなかった場合世界は無音です。色々と困ります。

音が無くなる、ようは空気が振動しなくなります。こういったことに詳しくないのですが

確実にヤバイ雰囲気はぷんぷんしていますね。

案その5「音楽は生命の体に流れるリズム」

この場合、人間はいなくなります。音楽がなかったら僕たちは消えます。

それは人間に限った事ではありません。生命というので地球は月のようになります。最悪です。



【結論】

「音楽がなくなったらなんて口にしない。」

広告を非表示にする