HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

なぜか学校日記!

こんにちは!

 

先日母に似てるといわれたものが予想の斜め上でした。HaLuKaです。

 

ちなみに何に似ているかと言うと

 

「カリメロ」。

 

f:id:HaLuKa:20131130203132p:plainカリメロ

 

髪型とそのほかいろいろ似てるらしいです。

f:id:HaLuKa:20131127000031j:plain似てるか?

 

確認したらちょっと似てるなって思っちゃったのが悔しいです。

 

さてそんな俺ですが今日も学校がありました。

 

細かいことは今からお伝えしましょう。では振り返っていきたいと思います!

 

ー昨日の夜

 

俺「・・・」

 

なんだかんだで受験生である俺は「志願理由書」を書かなければいけません。

 

簡単に説明すると「YOUの学校にDo→してもいきたいんだYO!」と言うことを

 

ただひたすらに綴るものです。

 

これがないと合格どころか入試さえ受けさせてくれないんじゃないかというレベルで

 

大事なものですが俺は締め切りをすっかり忘れていました。

f:id:HaLuKa:20131129234818j:plain真っ白

 

純白ですよ純白。幼稚園生の心といい勝負なのではないでしょうか。

 

というわけで俺は泣きながらこれを書きました。

 

先ほどあんな説明をしましたがこれはとても真面目な物。これは下書きなのです。

 

俺「・・・もっと前からやっときゃよかった」

 

夏休み最後の日みたいな心境です。死にそうです。

 

上の「志願の理由」は割と簡単に出来たのですが「自己アピール」が書けません。

 

自分の趣味、特技、中学校で頑張ったことを書けばいいのですがそれが出来ない。

 

趣味はフィギュア収集、特技は自販機の下の小銭を探ることですし

 

中学校で頑張ったことなんて俺の頑張ったことは目立たない。何を書けと言うのだ。

 

仕方が無いので部活のこと書きました。総体じゃ一回戦で負けたけど

 

ー飽きた

 

飽きが来ました。君に届け読んで復活しました。

 

ー完成した

 

f:id:HaLuKa:20131130011718j:plain終わった

 

俺「おわったでござる~~~~~~~」

 

俺「マ~~~ンゴ~~~~スチ~~~~ン

 

f:id:HaLuKa:20131130211250j:plainマンゴスチン

 

風呂はいって寝ました。

 

ー朝

 

俺「・・・」

 

俺「うっわぁ」

 

言葉で表せないような眠気です。これはヤバイ。

 

実は今日、参観日なので土曜日登校なのですが普通に地獄です。

 

ー1時間目社会

 

先生「~~~が~~でw」

 

親たち「wwwwww」

 

俺「(クッソねむてぇ)」

 

このとき先生はなんと2時間半かけてプリントを作ってきてくれたのですが

 

先生の言ったことをそのまま書けばいいこの授業は俺にとって

 

睡眠薬以外の何者でもありませんでした。地獄です。

 

ー一度帰宅

 

今日は学校の周りを小学生と綺麗にするボランティアがあります。

 

俺たちは一度家に帰り時間になったら指定の小学校へ行けばいいのです。

 

 

・・・が

 

 

俺「ねむてぇ」

 

なんと家に帰った時刻は10時。ボランティアが始まるのは1時です。

 

俺は寝ようか寝まいかずっと迷っていました。

 

散々迷った末、この方法で今まで何回も遅刻してるので寝ないことになりました。

 

俺「眠たい

 

ー1時間後

 

俺「超眠たい

 

ー1時間後

 

俺「いっそ死にたい

 

ー1時間後

 

俺「ザキ!!!!!!!!

 

小学校へ行きました。

 

その学校には俺の弟も通っているので俺の担任の先生に弟を会わせました。

 

俺「感想は?」

 

先生「あの弟から・・・これ?

 

俺「ひどい」

 

f:id:HaLuKa:20130908181210j:plain

 

f:id:HaLuKa:20131123204149j:plain

 

まぁ、確かにな。

 

ーボランティア開始

 

俺「あっ持ちましょうか」

 

後輩「えっ  ・・・ありがとうございます」

 

喋ったこと無いから後輩に対しても、敬語

 

そして開始5分後に、俺は荷物持ちとなりました。

 

ー終了

 

俺「なんなら運びますよ」

 

後輩「ありがとうございます・・・」

 

またしても敬語。

 

そしてボランティアが終わった後に帰宅して塾へ行きました。

 

ー塾

 

先生(女性)「髪切ったんだけど似合う?」

 

俺「お似合いですよ」

 

先生(女性)「棒読みやめてよ

 

ー授業終了

 

そして今に至ります!

 

明日はV模擬が有るのでこのボロボロとなった体で頑張りたいと思います!

 

ではまた!

 

 

広告を非表示にする