HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

年賀状を送ります

こんにちは、HaLuKaです。

早いもので今年も12月になってしまいました。僕はあと4週間で今年が終わるという事実を未だに受け入れきれていませんが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

さて、今年は年賀状を送りたいと思います。

2014年、2015年に2度行った年賀状企画ですが、なんとなくこれからはやらなくてもいいか、と思ったためやらなくなりました。適当な人間ですね。

なぜそんな一度潰れた企画を持ち出すかというと、なんとなくこれからはやっていくか、と思ったのでやり直そうと思います。適当な人間ですね。

ということで、僕からの年賀状が欲しい方に限り、僕のツイッター(@HaLuKa_220)にDMで以下の内容を送ってください。

①住所
②ニックネーム等

①の住所ですが、これがないと送ることができないためこれだけは記入してください。悪用はしません。

②はツイッターのユーザーネームで良い人は記入しないでも良いです。例えば、性器の名称のみで作られたユーザーネームの方などは記入したほうがいいと思います。

以上です、よろしくお願いします。

髪を染めたい。

こんにちは、HaLuKaです。

f:id:HaLuKa:20171117103603j:plain

髪を染めたいです。髪を染めたくありませんか?…すみません、順を追って説明しますね。

僕は高卒社会人。そのうえ、僕の高校は特に校則が厳しかったため髪を染めたことがありません。ツーブロックも、目、耳、襟に掛かる長さの髪もダメでした。

ツーブロックと目、耳、襟に掛かる長さの髪は卒業してからやりました。何故やったかですが、やってみたかったのです。

やってみたかっただけですが、実際にやるとちょっとした夢が叶ったようで少し嬉しくなります。小さな幸せ見つけたとはまさにこのこと、髪を切るだけで幸せになれるんだからちょろいもんですね、僕。

さて、今度は髪を染めたくなりました。髪で遊びたい欲求がどんどんとエスカレートしているのに自分でもびっくりですが、染めてみたいんです。

f:id:HaLuKa:20171117100230j:plain

善は急げ!!!

泡カラーの一番暗い色を買いました。泡状で染剤が出てくるため自分でも染めやすいらしいです。

一番暗い色を買った理由ですが、僕がビビリなのと、顔がオタクなので明るすぎる髪色だと大学デビューを目論むオタクに見えそうでとても嫌だな、って思ったからです。

ちなみに上司には許可を取っております。僕は下手に絡みやすいと思われて無茶振りをされてスベることを何よりも恐れているので、会社では真面目アピールをガンガンにしているせいか、「えっ君が髪染めたいの!?真面目なのに!?!?」とめちゃくちゃ驚かれました。

さて、染材の中身です。

f:id:HaLuKa:20171117100409j:plain

なにこれ…

僕はてっきり箱を開けたら即使える状態のものが出てくると思っていたのですが、どうやらこちら側でする作業もかなりあるらしいです。僕は家具の組み立てが死ぬほど苦手なので不安になってきました。僕の髪の行方は…

f:id:HaLuKa:20171117104039j:plain

説明書を読んだところ1剤と2剤を混ぜるだけのようです。ねるねるねるねとそこまで変わらないので、これからは幼児が買い物かごに染剤を黙って突っ込む時代が来ますね。それでは知育菓子を髪に塗りたくっていきたいと思います。

f:id:HaLuKa:20171117105120j:plain

塗りました。ツーブロック部分には上手く塗れなかったのですがどうせ隠れるので、これでいいことにしました。僕は自分にとても甘いです。

f:id:HaLuKa:20171117105142j:plain

待っている間は、外国人のカップスタッキングの動画を見て時間を潰していました。

瞬く間、という言葉がありますがまさしく瞬く間にカップをタワー状に積み上げ、すぐに自らの手でぶっ壊すのがカップスタッキングというスポーツで、傍から見ている分には相当面白いです。

僕も昔少しやっていたのですが、精密な作業が苦手なこと、集中力が持たないため練習が苦痛なこと、余りにも技術がいること、などの理由からすぐやめました。

さて、25分が経ちました。染材を流しきって茶髪になった僕が、こちらです。

f:id:HaLuKa:20171117142814j:plain

変わった…?いやでも染材を使ったんだ、変わってないはずがないですよね。一番暗い色とはいえ多少なりとは染まっていて、太陽光の下だと少しだけ茶色いです。

f:id:HaLuKa:20171203000207j:plain

同じような場所の色の比較です。こう見ると茶色くなっていますね。どちらにせよ、カラーコードを持ち出しでもしないとわからない程度ではあります。



あれからしばらく経ちましたが、僕は未だに上司にすら髪を染めたのがバレていないので、この結果では満足できていません。なので、

f:id:HaLuKa:20171203000155j:plain

リベンジします。次はなんと強力な協力者がいます。今度こそ、髪の茶色くなったオタクをみなさんに見せつけてやるので、覚悟しておいてください。

ではまた。

ずっと前から欲しかったマインクラフトを買いました

こんにちは、HaLuKaです。

f:id:HaLuKa:20171105162005j:plain

僕は最近ネットショッピングにハマっており、その原因の一つが銀行で作ったデビットカードです。

デビットカードはクレジットカードのように商品を購入することができるカードですが、使った瞬間に口座から引き落とされるシステムのため、使いすぎるということがなく非常に重宝しています。

システムとしてはクレジットカードに近いので、ネットでゲームを買うこともできます。カードがないと色々と面倒なゲーム購入も、デビットカードで一発なのです。なので…

f:id:HaLuKa:20171105163133j:plain

ずっと前から欲しかったマインクラフトを購入しました。

僕の中学生の頃の趣味はゲーム実況動画を見ることだったのですが、その中でもよく見ていたのがマインクラフト実況。腕のある実況者だと巨大建築物をさらっと作ったり、綺麗な装飾や驚くようなギミックをたくさん仕込んでくれるので、見ごたえがあるのです。

こういうのやってみたいな、とずっと思っていましたがマインクラフトはクレジットカードがないと購入ができず、ゲームが欲しいからカードを貸してくれともなかなか言えず、今の今まで持っていなかったのです。それがついに、ついにプレイが出来るようになったのです。この喜びはひとしおです。

そんなわけで最近はよくプレイをしているのですが、どうやらこのゲームは僕が持っていないものをプレイヤーに求めるようで絶望しています。それは…

f:id:HaLuKa:20171105162148j:plain

3D酔いへの耐性です。

驚きました。今まで僕はどのゲームでも3D酔いをしたことがなかったため、ゲームをしているだけなのに三半規管が徐々に蝕まれていく感覚は非常に強い恐怖を感じました。

しかしゲーム自体は非常に楽しく、ここまでプレイヤーが何をしてもいいゲームをやってこなかった僕には非常に楽しかったため、

f:id:HaLuKa:20171123210619p:plain

家を造っては、

f:id:HaLuKa:20171105162435j:plain

呻きながら寝転び、

f:id:HaLuKa:20171123210714p:plain

畑を作っては、

f:id:HaLuKa:20171105162457j:plain

何かにすがるように手を伸ばしたりしています。


何度も書きますがゲーム自体は非常に楽しいので、家に帰ったら女性声優のラジオを聴きながら毎日やっています。毎日やっているので、毎日気持ちが悪いです。

毎日が楽しくて辛いため、マインクラフトで3D酔いをしない方法、もしくはゲームに全く興味がなくなる方法を知っている方が居ればどうか教えてください。

ではまた。

一年ちょい使った携帯電話を割りました

こんにちは、HaLuKaです。

さて、今となっては僕たちの生活に欠かすことのできないスマートフォン。手軽にインターネットにアクセスできることの便利さはとんでもないですよね。

そんなスマートフォンもどんどんと携帯電話の域を超え、今はノートパソコンとあまり変わらないような立ち位置、そして値段になってきました。

僕は一年ちょい前にそれまで使っていたXperia Z1からX performanceに買い換えました。その時の記事がこれで、見所はピントが微妙に合っていないうえに瞳孔がガン開きの僕です。

haluka.hatenadiary.jp

この携帯もかなり長く使っているからか、イヤホンの右の音が出なかったり、やっているゲームのCGがカクついたりといくつか不満点がありました。

しかしゲームはやらなければいいし、音楽も聴かなければいいという解決策を早々に見つけたため、しばらくこの携帯を使っていこう、という決意を持っていました。あの日までは。



さて、僕は会社員で、工場の受付をやっています。まさか今まで逃げ続けていた対話を仕事でやるとは思いませんでした。

受付ですが、事務員でもあるのでちょっとした雑用もやります。事件は、僕が背の丈ほどあるダンボールをぶった切っていたときに起こりました。

背の丈ほどあるダンボールをもらった僕はどうしたものか、としばらく考えた後、外に出てコンクリートの地面にダンボールを敷き、四つん這いになり切っていました。

その際僕の携帯は胸ポケットに入っていたのですが、胸ポケットのボタンの締りがあまりにも悪く、気がついたときには僕の携帯は宙を舞っていました。

f:id:HaLuKa:20171113005253g:plain

今まで携帯を割ったことのない僕でも、これは割ったな、と思いました。角から、コンクリートに、落ちたんですよ。

f:id:HaLuKa:20171112135605j:plain

僕は現実を受け止めきれず、しばらくはあああ、あああ、と呻きながら割れた携帯を持ってウロウロしていました。

ちなみにダンボールを切っていたのは朝の9時。その日一日のテンションが今年最低を記録したのは火を見るより明らかですね。

しかし割れているだけで動くので、家族に携帯を割った連絡はすることができましたし、Twitterで携帯を割った話もすることができたのでとりあえずは良かったです。

これから、どうしようか考えています。助けてください。


最後に、割れた携帯の画像を何枚か載せて追悼したいと思います。

f:id:HaLuKa:20171112135426j:plain


f:id:HaLuKa:20171112135513j:plain


f:id:HaLuKa:20171112135714j:plain

ありがとう、さようなら…!

ではまた。

追記