HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」が遊びのない辛さでした

こんにちは、HaLuKaです。

最近の僕は冷凍の麺類にハマっています。冷凍うどんは普通のものよりもちもちしていておいしいですし、冷凍パスタなんて麺はもちもちで味は美味しくて最高ですよね。

さて、そんな冷凍ジャンキーな僕ですがとんでもない商品を見つけたので紹介したいと思います。他の人にもこの衝撃を伝えたかったからです。

その商品は「蒙古タンメン中本 汁なし麻辛麺」。セブンイレブン限定の冷凍担々麺です。

f:id:HaLuKa:20181021134539j:plain

蒙古タンメン中本はもともと辛いタンメンを提供するチェーン店なのですが、セブンイレブンとコラボして様々な商品を出しています。

これのカップラーメンが僕が食べられるギリギリの辛さで、辛くておいしいものを手軽に食べることができるのでかなり気に入っているのですが、なんとそれの冷凍担々麺があったのです。

実はもうしばらく前からあったらしいのですが知りませんでした。こうして新しいものを知っていくたびに心が弾みます。

別の冷凍担々麺はいくつか食べてきたのですが、どれも本当においしいのでこれも非常に期待しています。

f:id:HaLuKa:20181021135234j:plain

開けてみると冷凍担々麺本体とは別に、花椒入りラー油の小袋が付いてきました。

これを入れる量で辛さが調整できるらしく、全部入れると激辛だそうです。

f:id:HaLuKa:20181021135442j:plain

解凍するとこんな感じです。すごい美味しそうですね。豆腐がいくつか入っているのも蒙古タンメン中本っぽくていいです。

それでは食べていきたいと思います。ラー油は日和って半分ほどしか入れていませんがどんなもんでしょう。

f:id:HaLuKa:20181021135933j:plain

食べます。

f:id:HaLuKa:20181021135954j:plain

オッッッ

f:id:HaLuKa:20181021140016j:plain

どれだけ水を飲んでも辛さは流れず舌の上にとどまり続けます。口の中は燃えるように熱く痛く、体中の汗腺から汗が噴き出しているのがわかります。

カップラーメンの辛さと同じくらいだろうと高をくくっていた自分がいましたがとんでもない、数倍辛いです。

しかしやはり美味しくはあるのです。冷凍らしく麺はもちもちしていますね。具も冷凍感がなくひき肉や豆腐などがちょうどよく主張してきてくれます。


f:id:HaLuKa:20181021140733j:plain


が、ここまで大汗をかくほど辛いです。美味しいんですけど、とにかくめちゃめちゃに辛くものすごく急いで全部食べました。

大声でおすすめはしません。死んじゃうので。でも体験してみたい方がいたらどうぞ。



最後になりますが、僕は翌日のトイレで泣きました。ではまた。

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見てきました

こんにちは、HaLuKaです。

www.youtube.com

すごい面白そうな映画が封切られました。

僕はつい3か月前にYoutubeのあなたへのおすすめでQueenのI was born love youを聴いてからベストアルバムを聴きまくった男です。タイムリーなんですよね。

普段は映画を自分から見に行くことなどあまりないのですが、さすがにこれは見ないわけにはいかなかったので見てきました。結論から言うのですが、号泣しました。

面白かったので感想を書いていきますね。



まずは見た目なのですが全員似てます。

全員、Queenに似ています。それだけではなくフレディのライブ時の仕草がかなり似ています。これすごい話じゃないですか?

メイキング映像でムーブメントコーチなる人が活躍した、と聞きました。振付ではなく、仕草の専門家の人らしいです。すごいですね…

あとは演技が本当にうまいですね、映画もドラマも何も見ないのでうまく説明はできないのですが、とにかく圧倒されました。

www.youtube.com



そしてライブシーンなのですが、圧巻ですね。

バンドの伝記映画ということでライブシーンが非常に多いのですが、「Queenじゃん」以外の感想が出てきません。

音源はQueenそのものを使用しているため最高なのは当然なのですが、前述のとおり仕草が完璧に”それ”なので見入ってしまいます。

それはフレディだけではありません。ギターやドラムにおいては本人から直接教えてもらったらしいです。

www.youtube.com

とんでもなくないですか?「伝記映画で模す人に直接教えてもらう」ってこれ以上のものはないですよね。



映画のストーリーですが、面白かったです。

僕はストーリーに関して何か言うのがとても苦手なのでうまく言えないのですが、面白かったです。ひた隠しにしていたバカがまろび出た瞬間ですね。

いや、ネタバレなしでストーリーを語るのはほぼ無理じゃないですか?強いて言うなら、テンポよく話が進みちょくちょく素晴らしい曲が流れるためすごく観やすかったです。

楽曲の使い方が本当によく、これだけは言いたいのですがSomebody To Loveで号泣しました。見た方は共有できると思います。

www.youtube.com



以上が昔のネット用語なら「チラ裏」と呼ばれるような文章です。

映画自体は本当に本当に良かったのでQueenの曲をWe are the championしか知らない人も見に行ってほしいな、と思いました。

ではまた。

内田真礼さんのFCイベントに行ってきましたレポ

こんにちは、HaLuKaです。

今日は10月27日に行われた内田真礼さんのファンクラブイベント(夜の部)のレポを書きたいと思います。

f:id:HaLuKa:20181029183725j:plain

本当にただのレポなので声優ライブに一ミリも興味がない方はブラウザバックしたほうがいいかもしれません。

それではどうぞ。


会場はShibuya O-EAST。名前の通り渋谷にあるライブハウスで、1300人くらいがキャパの会場です。

僕は渋谷に生まれて始めて行ったのですが、おしゃれ街すぎて場違い感がとんでもなく早く開場してくれと切に願っていました。

しばらくして入場したのですが、今までにない会場にビビりました。ここはオールスタンディングのライブハウス。僕は椅子のある会場にしか行ったことが無かったのです。

ライブハウス自体もほぼ始めて行ったようなものなので右も左もわからず、これはどうなっていくんだろう、とひたすら不安でした。


入場から約一時間たち、FCイベントが始まりました。

まずはFCと同じ名前の曲「Life is like a sunny day」で始まりました。これはまず間違いなく来るだろうな、と思っていたのですがどうやら普段と様子が違います。

www.youtube.com


演奏しているバンドメンバーの持っている楽器が普段と違うのです。アコースティックギターアップライトベース、ピアニカと普段とは180度違う面持ちです。

一曲目が終わりMCが入ったのですが、なんと今回は一部の曲をアコースティックアレンジしてくれるのです。

アコースティックをやる、という旨のMCの後「aventure bleu」、「創傷イノセンス」、「ギミー!レボリューション」の三曲をアコースティックで披露してくれました。

これが本当に非常に盛り上がり、楽曲とバンドと内田真礼さんの良さが再確認できてよかったです。アコースティックでもフロアが沸いてたの凄くないですか?


計四曲の最高のアコースティックアレンジが終わった後MCコーナーになりました。ここからは司会として、音楽プロデューサーの冨田明宏さんが全体を綺麗にまとめてくれていました。

MCはゲームと企画の二本立て、一つ目の「箱から出たお題に沿って内田真礼さんが演技をする」ゲームはバンドメンバーも非常に混ざってくれて最高でした。

バンドメンバーがこんなに喋ってくれることはあまりないため嬉しかったです。

が、申し訳ないのですが企画が強すぎてゲームの記憶があまりありません。

その企画とは「ひな形しかできてない楽曲にステージ上で肉付けしていく」という企画です。神企画じゃないですか?

ゲームで笑いあっていたバンドメンバーが真剣な顔でどんどん楽曲を完成させていく様は圧巻の一言でした。

僕らは、プロの作曲を見ることができたのです。今まで聞いていた楽曲がこうして出来てきたのか、と思うと感無量でした。業界の人たちが頑張っているの、最高に輝いていました。


最高の企画の後に再びライブパートが始まりました。

バンドメンバーがいつもの楽器に持ち替え「金色の勇気」、「わたしのステージ」と2曲続けてバラードを演奏してくれました。僕らは棒立ちになりしっとりとバラードを聴いていました。

そしてついに最後の曲。アンコールがあるとは知っているのですがどうしても悲しくなってしまいますね。

そんな最後の曲は「高鳴りのソルフェージュ」。1stシングルのカップリング曲です。まさかここで聴くことができるとは思っておらず非常にテンションが上がりました。

が、テンションが上がったのは僕だけではなかったためモッシュが起きました。一度引いたテンションと汗がここで再発、ライブハウスらしい状態になりました。


アンコールです。アンコールの際僕らは手をたたきながら「真礼!真礼!」と叫ぶのですが初めて現場に行ったときはめちゃめちゃびっくりしました。そこも特殊なんですね。

ここで衣装が変わり、ファングッズのTシャツに+αをした衣装で出てきました。これがまたすごく可愛くてよかったです。

アンコール一曲目は最新曲であるグリッドマンEDの「youthful beautiful」。これは来るだろうと確信していたので落ち着いて聞くことができました。
www.youtube.com

問題のアンコール二曲目、つまり本当に本当の最終曲は「Smiling Spiral」でした。ファン内でも人気の高い一曲で、フロアはまたブチ上がりました。

www.youtube.com

モッシュの再来、ライブハウスはガンガンに縦揺れし会場は完全に一つとなりました。最高のライブは最高の締め方をして終わりました。




以上がライブレポです。長々と書きましたがよかったですね、って話です。

最後のMCで冨田さんが「ハロウィンで駅ヤバいかも」と言っていたのですが、本当にその通りで駅に着くまでにかなり時間を要したのですがそれもまた良い思い出でした。

またFCイベントがあれば積極的に参加したいと思える1stFCイベントでよかったです。ではまた。

スマホケースがぶっ壊れたのでSpigenのラギッドアーマーを買いました!

こんにちは、HaLuKaです。

僕は去年の11月にスマートフォンを割ってしまったため、機種変更をしました。スマホが変われば当然スマホのケースも変わります。

haluka.hatenadiary.jp

スマホを落としがち、投げがちな乱雑な僕にスマホケースは必需品かつ消耗品。今はとりあえず適当なものを購入し、今後気に入ったデザインのものがあれば交換しようと思っていました。

しかし天下のXperiaといえどiPhoneに比べれば選べるケースは少なく、そもそもケースに一切興味がないせいで最初に買ったものを一年弱使うことになってしまいました。それがこちらになります。

f:id:HaLuKa:20180927201641j:plain

表面には無数の傷が付き、角は2つもかけていますし、割れている部分はポケットの布に引っ掛かり服も破れそうです。

この子は天寿を全うしました。僕が働かせすぎたのも原因の一つではあるのですが、これ以上働かせるのは死体に鞭を打っているようなものだと感じ、なんだか申し訳ない気分になってきました。

f:id:HaLuKa:20180927201516j:plain

携帯電話もぼろ布を着せられているようなものです。心なしか恥ずかしがっているように見えませんか?僕は別に…

別にですが、この状態の携帯を使っていて恥ずかしいのはまず僕です。

f:id:HaLuKa:20180927201453j:plain

なので買いました!Amazonで「Xperia XZ1 ケース」と検索して一番上に出てきたものを買いました。興味がないものに対しての買い物の雑さがよく出ていますね。

購入したのはSpigenの「ラギッドアーマー」という商品。シリーズ化しているらしくそのうちの一つのようです。

調べたところ有名なブランドの有名なシリーズらしく、調べないで買い物をするとたまにこういうミラクルが起こるので楽しいですね。名の知れているということで期待し始めました。

f:id:HaLuKa:20180927201720j:plain

開けました。かっこいいですね!

全体はブラスト加工、カーボン風のところだけつやつやしていて質感の差もいいですね。特にバリとかはないです。

ブラスト加工がさらさらしているためちょっと滑りますが、ちょっと注意すれば問題はないでしょうし、さらさらしていて気持ちがよいです。

f:id:HaLuKa:20180927201741j:plain

並べてみました。いやお前これと比べればなんでもそうだろといわれたらそうですねとしか言えません。

しかし二つとも求めるものが全然違うため作りがかなり違く面白いですね。そういえば透明以外のケースを付けるのは初めてかもしれません。

f:id:HaLuKa:20180927201821j:plain

しっくりくるまでにしばらく時間がかかりましたが慣れるとなかなかいいですね。別のスマホを持ってるかのようです。

今までのものより柔らかく少し厚いため衝撃吸収性も申し分なさそうです。そこを重視していたので本当にそれはうれしいですね。



それまでスマホケースに全く興味がなく、今までイオンで売っている透明なやつしか使っていなかった人の限界レビューでした。

限界レビューなので参考にならないと思いますが、いかんせん1500円と気持ちで買える値段なので興味がある方は買ってもいいかもしれませんね。こんな投げやりな締めの言葉あります?

ではまた。