HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

独身男性に大ヒット間違いないロボットを考えつきました

こんにちは、発明家のHaLuKaです。

先日中学校時代の同級生にガン無視される辛さを味わってから「孤独」の辛さに気がつきました。


というわけで


独身男性向けのさみしさを紛らわせるロボット、「あーんしてあげるロボット」を考えつきました。

f:id:HaLuKa:20140603231430p:plain

今は少子化が問題になっています。その原因のひとつは「豊富すぎる独身男性」の存在です。

そんな独身男性の方々に少しでも気の紛らわしになったり、自分からアタックする勇気を与えられたら・・・

そんな願いを込めて非リア工業高校生がちょっと考えてみました。

今は初音ミクとキスできる機械だってありますからね。日本が本気出せばすぐ出来るでしょう。

さて、仕組みなのですが台の部分のセンサーでいろいろ調整するのです。雑なことこの上ないですね。

誰か本気でお願いしますね。


さて、一通り考えては見たんですけれどもなんだか余計寂しくなるような絵面が頭に浮かんできました。

皆さんも想像してみてください。四畳半の部屋に若干かびてきた万年床とシミのあるちゃぶ台がある部屋を。

そのちゃぶ台の上には「あーんしてあげるロボ」が置いてあります。箸からして使い古されています。

ロボの見た目は・・・そうですね、ロボットアームを想像してください。あんな感じです。

あーんロボがあるだけで随分とその部屋の価値は下がりますよね。万年床ある時点でアレだけど。

また彼女ができた時などにいい雰囲気になって家に連れ込むじゃないですか。「汚いけど」とか言って。

で、家のドアを開けたら目に入ってくるのはちゃぶ台の上の「あーんしてあげるロボット」なわけですよ。

f:id:HaLuKa:20140603231430p:plain

もう数秒で破局ですよね。恐ろしいものです。

独身男性の寂しさを紛らわすはずの商品がまさか女性から逃げられるようになるなんて。恐ろしいです。

皆さんはロボットなどには絶対に頼らないで実際に彼女を作りましょう。

では絶望的にモテない僕はこの商品を現実に作るべく工業高校生として頑張っていきたいと思います。

ではまた。