HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見てきました

こんにちは、HaLuKaです。

www.youtube.com

すごい面白そうな映画が封切られました。

僕はつい3か月前にYoutubeのあなたへのおすすめでQueenのI was born love youを聴いてからベストアルバムを聴きまくった男です。タイムリーなんですよね。

普段は映画を自分から見に行くことなどあまりないのですが、さすがにこれは見ないわけにはいかなかったので見てきました。結論から言うのですが、号泣しました。

面白かったので感想を書いていきますね。



まずは見た目なのですが全員似てます。

全員、Queenに似ています。それだけではなくフレディのライブ時の仕草がかなり似ています。これすごい話じゃないですか?

メイキング映像でムーブメントコーチなる人が活躍した、と聞きました。振付ではなく、仕草の専門家の人らしいです。すごいですね…

あとは演技が本当にうまいですね、映画もドラマも何も見ないのでうまく説明はできないのですが、とにかく圧倒されました。

www.youtube.com



そしてライブシーンなのですが、圧巻ですね。

バンドの伝記映画ということでライブシーンが非常に多いのですが、「Queenじゃん」以外の感想が出てきません。

音源はQueenそのものを使用しているため最高なのは当然なのですが、前述のとおり仕草が完璧に”それ”なので見入ってしまいます。

それはフレディだけではありません。ギターやドラムにおいては本人から直接教えてもらったらしいです。

www.youtube.com

とんでもなくないですか?「伝記映画で模す人に直接教えてもらう」ってこれ以上のものはないですよね。



映画のストーリーですが、面白かったです。

僕はストーリーに関して何か言うのがとても苦手なのでうまく言えないのですが、面白かったです。ひた隠しにしていたバカがまろび出た瞬間ですね。

いや、ネタバレなしでストーリーを語るのはほぼ無理じゃないですか?強いて言うなら、テンポよく話が進みちょくちょく素晴らしい曲が流れるためすごく観やすかったです。

楽曲の使い方が本当によく、これだけは言いたいのですがSomebody To Loveで号泣しました。見た方は共有できると思います。

www.youtube.com



以上が昔のネット用語なら「チラ裏」と呼ばれるような文章です。

映画自体は本当に本当に良かったのでQueenの曲をWe are the championしか知らない人も見に行ってほしいな、と思いました。

ではまた。