HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

社会人になって一年と半年が経ち、車が欲しくなりました。

こんにちは、HaLuKaです。

僕はいま社会人になってからおおよそ一年と半年が経ちました。

社会人になって分かったことは人の裏表の激しさで、純朴さゆえにそれなりに傷ついた僕は疑心暗鬼に陥っているのですが、それとは関係なく今日は車の話をします。


会社説明に行った際に「免許は取っておいてね」と言われたことが僕にとって初めて「もう車に乗ることのできる年なんだな」と自覚したポイントでした。

それまでは車のことなど一切考えたこともありませんでした。なぜなら、家に車の免許を持っている人さえいなかったので、車は非常に遠い存在だと感じていたのです。

いるとは言われていますが「本当はいないんでしょう?」と穿った反応をしてしまう、ネッシーとかイエティとかそんな分類に入っていました。車が。


仮免に数度落ちつつも免許を何とか取ったのですが、前述のとおり車はUMA

そのうえパっと買うにはあまりにも高すぎますし、僕は歩けばいいし、運転も決してうまくないし…と理由を挙げればきりがないのですが、買おうとは一切思わず先日まで過ごしてきました。


が、最近考えが変わりだしました。

僕は電車通勤をしているのですが、僕の家から最寄りまでと、会社の最寄りから会社まで歩いて15分くらいかかるんですよ。

去年はまだよかったのですが、今年の夏は猛暑も猛暑。災害レベルまで関東は暑くなりました。

千葉県民の僕も災害レベルの猛暑にブチ当たり、毎朝毎夕大汗をかき朦朧としながら通退勤するたびに「僕はいったい何をしているんだ?」と考えるようになりました。

また、雨の日も同じです。いや、雨の日がダメ押しになったのかもしれません。

猛暑はまだアッパー系のつらさなのですが雨の日はダウナー系のつらさになり、靴下が濡れているだけで、カバンが濡れているだけで、空気が湿っているだけですごくやるせなくなってしまいます。


天候にテンションを左右されると疲れるんですよ。

それに比べて車は濡れず、早く、歩かなく、暑くなく、寒くもない。買って乗ればもっといいところが見つかるかもしれません。これは本当に最高なのではないでしょうか?

…というわけで車を買うことを考え始めました。安くていい、走ればいい、中古でいいという条件のもと探すとかなり安いのもポイントでした。

雨降って意思固まる、というわけですね!

これが言いたかったから書いた記事です。ではまた。