HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

高校の同級生とニューイヤー旅行をしてきました 後編

前回のあらすじ~

https://www.instagram.com/p/BdjYNh-lnWb/

僕らは伊香保の旅館から2時間弱かけて草津に行きました。湯畑を見たり、火傷をしかけながら温泉に浸かるなどし、なんだかんだ非常にリラックスできました。

f:id:HaLuKa:20180102182919j:plain

しかし気が付いたら7時前で、旅館の夕食を食べるには8時までに着席をしないといけません。僕らは間に合うのか?Vampaの提唱する「電車でGO!でダイヤを学んだから行ける」理論の元、僕らは車をすっとばして草津から旅館へ帰ることにしました。

始まります。


f:id:HaLuKa:20180103000531j:plain

さて、Vampa自慢の運転で僕らは旅館へ向かっています。

f:id:HaLuKa:20180115000039p:plain 「行きよりは間違いなく早いよこれ」

彼の運転は確かに速く正確で、これなら間に合うかも知れない、とみんなが思いつつありました。インチキだと誰もが思った電車でGO!理論は正しいのかもしれない、あとは彼に頑張ってもらうしかない。僕らは応援し続けました。

そして、僕らは時間通りに旅館に到着することができたのです。

f:id:HaLuKa:20180115000052p:plain 「ほら!!!!!」

f:id:HaLuKa:20180114235951p:plain 「いや8時ちょうどじゃん、みんなで頭下げに行くぞ」

しかしVampaのダイヤ管理がなければ、旅館に到着していたのは間違いなく9時前くらいだったはずです。素直にすごいですね。

一通り謝ったあと部屋に戻り荷物を置き、僕らは念願の夕食を食べることにしました。

f:id:HaLuKa:20180102203028j:plain

f:id:HaLuKa:20180115000039p:plain 「すっげ」

まさにご馳走、少なくとも僕は生まれてこの方ここまでのご馳走は数える程しか食べたことがありません。やっぱり美味しくて豪華なものは純粋にすごく幸せになれますね。すっごく幸せですが、

f:id:HaLuKa:20180115000001p:plain 「これ食いきれるかな…」

今回のメンツでたくさん食べることができるのはデブのみ。他は基本的に食が細いのです。確かに見た目に負けないほど美味しいので箸はどんどん進んでいきます。しかし、当たり前ですが食べた分だけお腹には溜まっていきます。僕らのペースは着実に落ちていきました。

f:id:HaLuKa:20180102203131j:plain

f:id:HaLuKa:20180115000013p:plain 「全部すごいうまい

彼の食いっぷりに感動したのは久しぶりでした。あまりの食べっぷりに給仕さんにも気に入られたようで、丼で米を食うかと聞かれるほどでした。丁重に断っていました。

食事開始からなんと一時間半後、とかげとヒュウガを除く4人はなんとか食べきることができました。

f:id:HaLuKa:20180102213503j:plain

f:id:HaLuKa:20180114235951p:plain 「う゜ー

f:id:HaLuKa:20180115000039p:plain 「助けてくれ」

十数分かけて2人もなんとか食べきり、僕らは食事をして満身創痍になる珍しい体験をして部屋に戻りました。

部屋に戻るとなんと既に布団が敷かれていたため、僕らはとりあえず寝転がりました。これ以上立っていると吐いてしまうような人しかこの場にいなかったからです。

f:id:HaLuKa:20180102223647j:plain

しばらくはVampaが個人的に行っていた旅行の写真などを見ていたのですが、しばらくすると極度の満腹による苦しさから心地よい腹の膨らみになったため、12時近くではありましたが旅館の大浴場でとりあえず汗を流すことにしました。

時間が時間なため大浴場には一人しか客がおらず、話してみると僕らとさして年齢の変わらない方だったためすぐに打ち解けました。

お客さん 「へー社会人が多いんだ、なんの仕事してるの?」


f:id:HaLuKa:20180115000052p:plain 「海上自衛隊っすね」


お客さん 「濃いなー

話を聞くと彼女との旅行だそうで、浮いた話が全くないがこの年にしてあまりそういうことに興味のない、枯れきった人の多い自陣は反応に困ってしまいました。

f:id:HaLuKa:20180103012455j:plain

さて、風呂から出た僕らはデブのウエストが太すぎるせいで着物が着れない事実にしばし笑った後、泥のように眠りました。



ぐっすり眠った僕らは8時前に起きました。8時から朝食があるからです。

僕はクソほど寝起きが悪くいつも一番最後に起きるのですが、いつものようにビリに起きると皆が窓の外を見て騒いでいました。

f:id:HaLuKa:20180103075423j:plain

f:id:HaLuKa:20180115000039p:plain 「すごい雪降ってるけど」

すごい雪降ってました。とはいえ長靴がないと外に出ることができない、というほどではなさそうです。綺麗だねーなんて呑気なことを言いながらご飯を食べました。その後は女将さんからお守りを貰ったり、

f:id:HaLuKa:20180121205510j:plain

昨晩浴場で会った人と会釈をしたりしていたところレンタカーの返却時間が近づいてきたので、僕らはチェックアウトを済ませ旅館から出て駐車場に向かいました。

f:id:HaLuKa:20180114235951p:plain 「うわっ」

f:id:HaLuKa:20180103085038j:plain

車にも雪が積もっていました。僕らは車にも雪が積もる、ということをすっかり忘れていたのです。馬鹿ってレベルじゃないですね。さっさと雪をどけて乗り込もうとした僕らはウォッシャー液を吹くなどの処置をしました。

f:id:HaLuKa:20180103085046j:plain

f:id:HaLuKa:20180115000001p:plain 「溶けないけど」

表面の雪はいいとして、一度溶けてガラスにくっついた雪が非常に厄介です。布か何かがあればすぐにはらうことはできるのですが、僕らは勝手がわからないレンタカーに乗っていますし、旅行なので無駄な荷物は削ぎ落としています。未使用の布なんてあるわけないのです。

f:id:HaLuKa:20180103085535j:plain

f:id:HaLuKa:20180115000013p:plain 「探すとあるもんだなあ」

未使用のデブの下着が出てきたので難を逃れました。まさか彼の下着もビニールから出てすぐ氷除去のために使われるとは思わなかったことでしょう。

氷も雪も全てなくなったため、僕らは車に乗り込み千葉への帰路を進み始めました。帰りはせっかくだから、ということでデブ、とかげ、ヒュウガ、Vampaの4人で交代しながら運転をして帰りました。ゆのは体調が悪そうにしていたためパス、僕は事故を起こしかけた話を何度もしたためパスになりました。

f:id:HaLuKa:20180103091148j:plain

帰りはくだらない話をへらへらしながら帰りました。まるで高校生に戻ったかのような時間でした。

レンタカーを返したあとは、ヒュウガのセレナに乗って行きつけの家系ラーメン屋でラーメンを食べ、ヒュウガに各々の家まで送ってもらい、僕らの伊香保草津旅行は終わりました。



以上で、ニューイヤー旅行ダイジェストは終わりです。ありがとうございました。

f:id:HaLuKa:20180102140444j:plain

僕らは、年初めから最高の旅行をすることができました。今年がこの旅行に負けないほどいい年になる事を祈っています。

ではまた。