HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

髪を切りました。

f:id:HaLuKa:20170930132114j:plain

こんにちは。待って、待ってください。

f:id:HaLuKa:20170930132155j:plain

僕です。まず現状の説明だけさせてください。


さて、僕は髪の毛に関しての校則がそこそこ厳しい高校を卒業し、髪の毛に関して営業の人以外には緩い会社に就職しました。

今までは眉にかかってはいけない、耳にかかってはいけない、と高校らしい校則のもと髪型を決めていた僕が、突然ほぼ何をやっても許される状況に立たされたのです。

今まで3年間も人が決めていたことを急に自分で決めないといけないとなると、卒業前はこういう髪型にしようかな、などと考えていたはずが何をすればいいのかわからなくなってしまいました。書いていて自分で思ったのですが、これはパニックに陥っていますね。

さて、そんななか高校を卒業してすぐに買ったCDがこちら。

アイドルマスターシンデレラガールズ速水奏さんのキャラクターCDです。このCDジャケットを見た瞬間、体に電撃が走りました。この娘と髪型を揃えたい、と思ったのです。

彼女の髪型はセンターパート、長い前髪を真ん中で分けた髪型です。伸ばせば勝手に分かれるとでも思ったのか、愚かで無知な僕はとりあえず伸ばしました。

f:id:HaLuKa:20170930132130j:plain

そうして生まれたのが昔のギャルゲ主人公と爆弾魔のキメラです。

整髪料をつけない僕がセンターパートなどまず無理な話で、そのうえただ伸ばしただけなので襟足、サイド共にボサボサで自分でも鬱陶しいし周りから見るとヤバ人(ヤバい人)でしかなく、生きていくだけで相当に精神力を使う髪型になってしまいました。

そのうえセンターパートという髪型は顔をかなり出すため顔が良くないと似合わなく、分けたところでバケモン、分けないとキメラというさして変わらない二択を選ばなければならなく、本当に苦痛でしょうがなかったです。

さて、そんなデメリットのみな髪型を直すために美容院に行った僕は、変なところで冒険心が出てしまい「あんま詳しくないんでいい感じにしてください」と言ってしまいました。

そんな僕の曖昧な注文に対しての美容師さんの返答は「かっこよくしますんで!」でした。ちょっと笑ってしまいましたが、僕は美容師さんを信用して切ってもらうことにしました。



一時間後、かっこよくされた姿がこちらです。

f:id:HaLuKa:20171001171135j:plain

中途半端にイキってる中学生みたい…

とはいえワックスで髪を盛りに盛っているのとダルダルのTシャツ、そして焦点のあってない瞳のせいでそう見えるだけで、すべてを改善するとこうなります。

f:id:HaLuKa:20171026002305j:plain

あんま変わってねえ…

中途半端に前衛的な髪型になりました。ダルダルのTシャツですが、僕はワイシャツとセーターを多用するためダルダルのTシャツしか持っていませんでした。これを日本語では横着とか、無頓着などといいます。意味は総じてマイナスですので気にしないでください。

このような髪型になりましたが、こういう髪型の社会人生活を送る人生のあり方もあるよ、と誰かの勇気や生きる希望になるかもしれません。何故…?

これからは、中途半端に前衛的な髪型の僕をよろしくお願いします。ではまた。