HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

「メガネキャラがメガネを取ってイケメンになるやつ」がやりたい

こんにちは、HaLuKaです。

f:id:HaLuKa:20161117153310j:plain

皆さん、漫画は好きですか?僕は大好きです。

漫画の良さのひとつは「漫画でしか起こりえない現象」だと思うんです。凡人な主人公がめちゃモテ、美形の金持ちに結婚を迫られるなど、まあ現実には起こりえないですよね。

さて、そのなかの一つに「眼鏡キャラがメガネを取ったら超美形」というのがあります。眼鏡をかけた地味なキャラクターが、なにかの拍子にメガネを外すとすごい美形、というアレです。

あれやってみたくないですか?

・・・今、僕はメガネをかけているじゃないですか。
f:id:HaLuKa:20161117153324j:plain
環境は整っていますよね。やっていきましょう。

メカニズムを理解する

「メガネを外すと超美形現象」(以下美形現象)についてのメカニズムを理解しないと話は進みません。大きく分けると2つの要因でこの現象は成り立っているのではないでしょうか。

1つ目の要因はギャップ萌えです。

ギャップ萌え

メガネというのは「美形現象」が起こる世界観では、生真面目キャラの象徴であることが多いです。それこそ恋愛もせず、勉学に勤しむキャラクターが多いです。そういうキャラクターの生真面目な象徴が失われることで作者としても可愛く描いちゃうし、視聴者も可愛いと思うんです。

これは現実では厳しいので2つ目の要因をせめて行こうと思います。それは屈折です。

屈折

レンズのあるメガネをかけている理由は目が悪いからですよね。目が悪い理由ですが、普通なら勝手に行われる屈折の調整がうまくいってないので見えません。
これを見えるようにするためにレンズがあり、これで屈折を調整してあげることで僕らメガネ族はちゃんと見えるようになるわけです。

それを理解したうえでこの画像をご覧下さい。

f:id:HaLuKa:20161117153710j:plain

わかりますか?これは僕のメガネなのですが、レンズの向こうの僕の指だけが細いですよね。これは屈折によるもので、レンズの向こう側の像の大きさは度の強さと、レンズと対象物の距離に比例して変わります。

目の大きさは美人を語るうえで欠かせない部分です。レンズの向こう側の目が小さく見え、普段から本来の顔より悪く見えていたなら、メガネを外した時に美形に見えるはずです。


つまり何を言いたいかというと、メガネの度を強くするか、メガネと顔の距離を大きくすれば美形現象がおきるわけです。

度を強くするのは流石にしんどいので、今回はメガネを顔からうんと離す手段をとります。

まずはこれが普段の僕で、
f:id:HaLuKa:20161117153543j:plain
メガネを顔から離したのがこれです。
f:id:HaLuKa:20161117153557j:plain

・・・

f:id:HaLuKa:20161120204036j:plain

やばくない!?
顔の輪郭まで巻き込まれて変わってます。これはなんというか、ひっどいですね。

では美形現象がおきるか、テストをしてみます。
ご覧下さい。

f:id:HaLuKa:20161120205127g:plain

おっ?

f:id:HaLuKa:20161120204649j:plain

できてる(気がする)!
実験は成功です!僕は夢を叶えました!


・・・以上です。長々とありがとうございました。全国の美形現象をしてみたい方へ、この記事が届くことを心から祈っています。
f:id:HaLuKa:20161117153528j:plain
ではまた。