HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

豚バラ肉ですき焼きをやったら脳がバグった話

こんにちは、HaLuKaです。

先日、何かは言えないのですが僕が本気で落ち込むことがあり、母親が僕を励まそうとすき焼きを作ってくれたんですね。

久しぶりにすき焼きを食べた感想としては「超うまい」だったのですが、本気で落ち込むと人って体力をかなり消耗するんですね、相当食べてもまだお腹が空いてるんですよ。

家族が食べ終わっても僕は食べようとしたのですがもう肉がなく、母に相談したら「豚バラならあるよ」と言われたのでそれじゃあ、と豚バラのすき焼きをやってもらいました。


母親の持ってきた鍋には、豚バラ肉が入っていました。
f:id:HaLuKa:20160928195650j:plain
いや頼んだんで当たり前なんですけど豚バラ肉がすき焼きの他の具材と肩を並べてるんですよ。割り下の色に染まって当たり前のようにそこにいるんですよ。
でもやっぱり浮いてるんですよ。地元系あるあるの話をしている時に、そこ出身じゃない人がひとつもついていけずとりあえずエヘエヘ笑っている感じです。

なんだか豚バラが可哀想になってきたので食べました。
f:id:HaLuKa:20160928195705j:plain
味だけだと非常に美味しいんですよ。
僕が豚肉を好きなだけかもしれませんが、割り下のあまじょっぱさと豚肉の旨みと豚の脂の甘み、それら全てを生卵がまとめていて絶妙な美味しさです。
ご飯も進むし最高なのですが、困ったことに食べていくにつれ脳がバグるんですよ。

さて、食事は目で楽しむとも言います。味の情報って目からもかなり多いんですよ、青いご飯とか食べづらいですからね。

我が家ですき焼きの際にいつも使っている鍋から、いつものように肉を取って、いつものように生卵につけて僕が食って「おいしい」って言ってるのがなぜか豚肉なんですよ。

鍋を見て「まだあるかなー」とか言ったりして覗いた時に目に映るのも豚肉なんですよ。噛みしめるたびに「やっぱすき焼きいいよね」とか言ってる原因の肉が豚肉なんですよ。
f:id:HaLuKa:20160928195658j:plain
多分この記事を読んでいるだけでは一切分からないと思うのでみなさんもやってみてください。美味しいもので脳がバグる貴重な経験ができます。
ではまた。

広告を非表示にする