読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

登校中にかなりの腹痛に襲われました。

こんにちは、HaLuKaです。

僕は昨日、夏って腹痛になりやすいよね、という内容の記事を書きました。僕はとてもタイムリーな人間なので、本日かなり酷くお腹を壊しました。本日はそんな僕の腸内事情の話をしていきたいと思います。

お腹の調子が何もしていなくても悪いので、少しでもそれが良くなる事を願って食べ始めたフルグラを食べ終わり、歯を磨いたあたりでお腹を壊したことに気がつきました。朝起きたら、着ていたシャツがめくれ上がっていたので寝冷えしたのではないか、と思います。寝冷えだけは本当にどうにもならないので怒りをぶつける先がなく、イライラしますね。

一応トイレに行き、出すもの出したところその時点では治ったので、胃薬を飲まずに学校へ行きました。

中野製菓 黒かりんとう(中太) 115g×15袋

中野製菓 黒かりんとう(中太) 115g×15袋

家の最寄駅まで

最寄駅までの道のりでどうにもお腹の調子が悪く、これはやっちまったなあと思いながら駅まで歩きました。先ほど家で出すもの出したことで時間がなく、家の最寄り駅のトイレに行くと学校に遅れるので、僕は下腹部に爆弾を抱えたまま電車に乗りました。

電車内

脂汗と冷や汗が混じった気持ちの悪い汗が流れてきました。しかし「今すぐ漏れます僕から離れて」というレベルでもなく、ただただ痛いだけだったのでそこまで辛くはありませんでした。何より、学校の最寄り駅のトイレは結構規模が大きいので安心感があったのです。トイレの規模の大きさに心を支えられたのは初めてですし、今後もないでしょう。

支え

支え

学校の最寄り駅

トイレ、満員でした。

もうダメかもしれない (1) (まんがタイムKRコミックス)

もうダメかもしれない (1) (まんがタイムKRコミックス)

最寄り駅~学校

いつ開くかわからないトイレの扉に祈るより、学校のトイレに行ったほうが確実なのではないかと思った僕は、学校までの長い道のりを歩くことを決意しました。

歩き始めて3分で後悔しました。それから10分経って、前にも後ろにも引けない事実に絶望しました。それから5分後に腹痛のピークが来て、それから2分後にそれを容易く凌駕する腹痛が来たので完全に心が折れ、しばらく休憩しました。

痛いだけではなく、ただならぬ便意があるので一刻も早く学校(トイレ)につきたいのですが、早く歩くと腹痛が悪化するという最悪の状況に僕は陥りました。

学校に到着

昇降口についたときには体中が汗でベトベトで、口と目が半分空いていました。そのうえ足元もおぼつかなく、フラフラと歩いている僕の見た目は、ゾンビのそれに近かったと思います。実はこの時点でかなり限界を迎えていて、昇降口についたら荷物をすべて放り投げてトイレに走ろうと考えていました。

汗でずり落ちるのをいちいち直すエネルギーも使えないほど消耗していたこともあり、メガネを外していた僕の目にぼやっと見えたのは、昇降口の靴箱に靴をしまう一人のクラスメートの姿でした。彼は僕にとって、希望でした。

そのクラスメートに腹痛で死にそうだ、という旨を伝えると荷物を教室まで持って行ってくれると言ってくれました。神か仏か、僕には彼がそういうたぐいのものに見えました。

トイレに到着

3つある便器のうち、2つが空いてました。

ザ・ベスト ファンファーレ集

ザ・ベスト ファンファーレ集



蘇った命

蘇った命

トイレに行って自分の「生」を感じたのはこれが初めてでした。これが最後になって欲しいですね。



さて、実は僕は1年前に学校の行事の帰りに漏らしています。家の前かつ帰宅途中だったから良かったものの、登校途中に漏らすってのは笑い事にならないので漏らさなくてよかった、と限界まで頑張ってくれた括約筋に、僕は心から感謝をしました。

パンパース ビッグサイズ (12~22kg) さらさらパンツ 50枚

パンパース ビッグサイズ (12~22kg) さらさらパンツ 50枚

広告を非表示にする