読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

休日の雨の優越感と平日の雨の絶望感

僕は平日の雨が何よりも嫌いです。今日はそれについてちょっと詳しく書いていこうと思います。


平日って基本的には学校へ行ったり会社へ行ったりする日じゃないですか。つまりは外に出なければいけないわけですね。僕はドラキュラの末裔かぐうたらなのかわかりませんが日光と外に出ることがどうにも好きになれないのです。


あと、僕は濡れることが嫌いです。猫のDNAでも入っているのかもしれません。その割に僕って可愛さが微塵もないですね。話を戻します。僕は濡れることが嫌いですが正確に言えば服を着ている状態で濡れることが嫌いです。じめじめとした服が肌に張り付く感覚は何度味わっても好きになれそうにありません。特に嫌いなのは靴下が濡れた感覚が嫌いです。これはみんな賛成してくれますよね。あのじっとりとした靴下を履いているだけでやる気というやる気がそげ落ちますよね。


雨の日に外に出ると服はまだ乾いていますが靴下ビッチョビチョになるじゃないですか。しかもその状態でたまに水たまりのあるような道を歩き続けなければいけないんですよ。濡れた靴下に、濡れた靴に、たまに水たまりのある道って地獄の3連コンボじゃないですか?学校へ着く頃にはやる気はそげ落ち、授業中も濡れた靴下が気になり集中力も落ちるので学校があるときには雨が降らないで欲しいと常々思っています。


逆に休日に雨が降るのは全然歓迎です。雨の日って外にさえ出なければ雨音で心は落ち着くし日差しもいい感じに雲で遮られて、横になりながら本を読んだりネット見るのに最適な環境だと思っているんですよ。僕の基本的な休日の過ごし方はベッドから出ずにボケーっとしながらネットを見ることなので休日の雨の日は本当に歓迎なので、もしこのブログを神が見ているのならとりあえず今降っている雨を止ませてください。今から学校へ行ってきます。ではまた。


(この記事は雨が降る中部屋で落ち着いて15分で書きました)

広告を非表示にする