HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

見た目も中身もキモいタイプのオタクですがジーンズを好きになりました

ーンズの何がいいって見た目良し、強度よし、基本的にいろいろな服に合うから着回しも良し、履けば履くほどかっこよくなっていくからそういう面で見てもよしといろいろ完璧なズボンです。あっ今の世代の人ってパンツって言うんですか!?下着かそうでないかが文面だとどうもわかりづらいんでその呼称が微妙に嫌いです。ズボンって言いなさいよズボンって。もしかしてゆとりは濁った音が言えないんですかね。僕も16歳なのでゆとりなんですがね。


さてさて、冒頭でも書いたようにジーンズはいいところばかりで食べ物で例えるならば麻婆茄子な立ち位置(僕の中で完璧という意味です)。なぜ今まで興味を持たなかったのかが不思議なぐらいです。今まで僕はジーンズを「固くて履きづらいしなんだかアルファード乗ってるようなマイルドヤンキーが履いてそうだしやだ」という理由で嫌がっていたのですが履いてみたらビックリ、中古のジーンズだからかある程度履きならされて糊が落ちたジーンズは驚くほど履きやすく、僕の乱雑な扱いにも平気な顔をして耐えてくれて、尚且つある程度上に何を着ても合うんですよ。こりゃあ完璧ですよね。


途中で中古でジーンズを買ったと書きましたが中古の服屋に行くと普通に買うと1万くらいするジーンズが普通に500円で売っているのでオススメです。ある程度履きやすくもなっていますしそれが嫌なら洗濯糊を裏から塗ればパリッパリな買いたてジーンズになります。


さて、ここまでジーンズに対しての愛を語りましたが一つだけどうしても逃れられない問題に直面しています。タイトルで書いたとおり僕は見た目がキモいタイプのオタクで、中身もキモい打つ手なしなキモオタなのです。さらに言うと僕は足がわりと短めなのです。そんなスペックがファミコンレベルのキモオタがジーンズを履くとどうなるかなんとなくわかるでしょうか。まあ具体的にはこうなります。

f:id:HaLuKa:20150509213515j:plain


もはやただのキモオタです。いやまあこれは流石にちょっと意識した着合わせですが上の服ををいくら凝ったとしても顔がキモオタなのと足が短めなので台無しです。顔は整形でなんとかできるとしても足が短いのは変えようがないじゃないですか。僕は一生好きなズボンをかっこよく履けないんですね。地獄かよ。


はい。地獄です。そういえばさっきふと調べてみたんですが僕の履いているリーバイス310って偽物かもしれないって騒がれているんですね。ボタンの刻印もされてるしタグも一応あるしどうなのか気になる次第です。ではまた。