HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

2年ちょっと行っていた塾をやめました


名残惜しいなあという気持ちと、すっきりしたなあという気持ちが入り混じっています。もともと僕が熟に入塾したのが受験のためで、それから数学が一切わからなかったためずっと続けていました。誤解を解くために書いておきますが他の教科もそこまでいい点数はとっていません。


個人的には受験で合格したのも塾のおかげで、まだ今の塾が綺麗に改装される前から通っていたりしたこともあってかすごく思い出深い場所でした。じゃあなんでやめたの?って言うと理由はまあ当然思い出以上にいろいろな事情があるんですね。


僕はずっと数学の先生は変わらずに一人の講師にみてもらっていて、まあわかりやすいし話もわかってくれるしなんというかノリが若干合っていたのかもしれないかな、とサラっと思えるような方でした。僕もその方の頃なら全然塾は好きだったんですよ。


その先生人気があったらしく他の講師の3倍くらい生徒を受け持ってたんですよ。30人って言ってたっけ。その状態で3年間くらい講師を続けていたらしいのですが今年の3月くらいに体に限界が来たらしく受け持つ生徒を減らしたんです。その減らされた生徒の中に僕は入っていて、講師が変わったんですね。これがいけなかった。


その新しい講師の方とこれまた絶望的にノリが合わなかったんですね。僕の通ってる塾個別の塾で、先生と割と話したりするわけじゃないですか。ノリが合わないってのは本当に地獄で仕方がないから1時間20分黙り続けたりしてました。全く楽しくないです。


それで塾が楽しくなくなったってのもあるんですが学校の数学の先生が変わって、こう言ってはアレですがすごいわかりやすくなったんですよ。これもしかしたら塾がなくともなんとかなるんじゃないかなとか一瞬でも思うともう辞めたいという気持ちがどんどん湧き出てきてしまいました。


これが僕が塾をやめる経緯です。ちなみに塾に月2万かかってるんで親としても成績が下がらなければいい判断と言えるのではないでしょうか。ちょっと眠いのでこの辺の日本語があってるかはわかりませんが今日の記事を一言でまとめると、「つまんないから塾やめた」でした。900文字くらい無駄でしたね。おやすみなさい。


塾に行かない選択

塾に行かない選択