読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

無駄に貫徹をしたけどいいことなんて一つもなかった。

何やってんだろ


どうも、HaLuKaです。

さて、世の中に寝てない自慢をする人ってなぜかわかりませんがなかなかたくさんいますよね。

僕も「2時間しか寝てないわ」とひたすら自慢げに言うリアル地獄のミサワのようなことをしていました。

今となっては恥ずかしいですが今ふと思うとよく貫徹を出来たな、よく体が持ったな、と思います。

いきなりそんなことを考えたのは一体なんでなのか。それは本日貫徹をしたからです。

では貫徹をしてもいい事なんてひとつもないよ、という内容の記事を書いていきますね。

保険をかけておきますが今かなり意識朦朧としているので文章が支離滅裂だったらごめんなさい。

デメリットその1「朝絶望」

朝、日が昇って小鳥たちが可愛らしい歌を歌っている時に自分に絶望するのです。

よく考えたらなんで俺寝てないんだ?って黙々と考えることになります。すごい話ですよね。

当然ですが今までレポートがあったり夏休みの宿題があったりで徹夜することはたくさんありました。

今回の徹夜は「昨日12時間ちょい寝たから寝れない」という理由と「お腹痛い」という理由の徹夜です。

6時くらいまでトイレに篭もりながら俺何してるんだろう、とか考えてました。

自分が嫌になるのでやめたほうがいいです。

デメリットその2「昼地獄」

昼はちょいちょい襲ってくる睡魔との戦いです。

昼に襲って来る睡魔はたいしたことないんですよ。ポケモンで言うなら最初の方のコラッタみたいな。

ただ、睡魔に打ち勝つのが疲れるんですよ。

あくびを噛み殺して、つま先を踏みつけ、夢を手の甲に立てる。これらの行為はめちゃくちゃ疲れます。

この辺で本格的に「なんでちょっとでも寝なかったんだろう」って過去の自分を嫌いになります。

デメリットその3「飯が食えない」

徹夜した後ってなんか気持ち悪くなりませんかね。

まあこれが僕の体質だろうとそうでなかろうと僕が胸焼けに近いものを得るのは事実です。

僕だけなのかな、徹夜したあとは本当に何も食べることができないくらいには気持ちが悪いんです。

それでも気持ちが悪くて飯が喉を通らない、ということとお腹がすくことは別の話です。

腹は減るんです。生き地獄です。死んでるのかもしれないのでただの地獄かもしれません。

デメリットその4「午後の強大な睡魔」

午後の睡魔は強すぎます。

飯が食えないと言いつつも食べないと死ぬのでいくらか食べるとやっぱり睡魔は襲ってきます。

昼の地獄なんて対したことありません。コラッタなんてもんじゃありません。チャンピオンロードです。

しかし何より腹が立つのはこの「ギリギリなんとかなる」感覚。

睡魔が強大すぎて誰がどう見ても太刀打ちできないのなら足掻くのをやめてガッツリ寝ます。

でも、ギリギリ勝てるんです。本当にギリッギリですけどね。

デメリットその5「帰宅後の絶望感」

僕はブログ書いたり明日提出の学校で使う写真部の勧誘動画を作らねばなりません。

体が悲鳴を上げているので一刻も早く寝なければならないのですがやることがあるときの絶望感。

いやもう、地獄ですよ。まだ動画も作り終わってないですしね。かなりやばい状態です。

強大な睡魔に襲われつつ書いているこの記事、なんかいつもと違うなと思ってくれたら幸いです。

ありがとうございました。ではまた。