読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

昨日記事を更新できなかった理由の話。

最後の一行にまとめが乗ってますから忙しい方はぜひそちらを


どうも、HaLuKaです。

毎日僕の記事を読んでくれていたり読者登録してくださっている方はもう気がついたと思います。

僕は、昨日ブログの記事を更新していません。

今日はなぜ僕が機能記事を更新できなかったかを事細かく説明していきたいと思います。


・・・さて、みなさんは「三者面談」というものをご存知でしょうか。

担任の先生が生徒の親と生徒と主に成績や進路のことなどについて話し合うものです。

別に生徒の成績が良ければ何も気にすることはないのですが僕レベルで低いとなかなかキます。

精神がこう、先生の一挙一動によってガリガリと削られていく本当に地獄のような30分なんですよ。

もうね、純度99.8%の地獄です。こんな純度の地獄は薬局にも売られていません。

いくら地獄だ地獄だ言っていても地獄はどこかへ行ってくれないので素直に地獄を受けました。

―地獄の中

先生「目が死んでるよ?」

僕「・・・ハイ」

地獄はもともと0に限りなく近い僕のコミュ力をマイナスにまですることのできる場所でした。

―地獄終わり

僕「ベンキョウシマス」

心身ともにダメになっちゃいました。僕の心はボロ雑巾です。

その後帰り道も母親と共にすることでボロ雑巾が燃え尽き、僕はついに燃え尽きてしまいました。


・・・さて、そんな燃え尽きたものを復活させるにはどうすればいいと思うでしょうか。

まあ燃え尽きたものは二度と戻らないわけですがこれが比喩の場合元に戻る方法があるのです。

それは休憩を取ること。というよりかは燃え尽きた僕は一刻も早く休憩を望んでいるのです。

僕としてはブログを書かないと、ブログを書かないとと思っていたのです。

僕は「ブログ書かないと」とずっとずっと思っていたのです。そろそろくどいですかね。

ただ前の記事でも書いたように人間の欲求(睡眠欲)がフルに働いちゃったんですよね。


・・・冬が近づいてきて、寒いなぁ、寒いなぁと思っていたので布団に足だけ入れちゃったんですよね。

その時が大体8時か9時ぐらいだったんですよね。多分8時くらいだったと思います。

で、なんでしたっけ。淡い色のついた学校に毛量がいつもの二倍くらいある僕がいました

それしか覚えてないんですけど、気が付いたら6時だったんですよね

もうびっくりですよね。髪の毛フッサフサの淡い色をした僕から制服で寝ている僕に戻りましたからね。

制服ぐちゃぐちゃでなんであんな夢見たんだろう、とか思っていたのですがまず最初に気がついたのは、



これ、ただの寝落ちだな、ってことでした。



今日のまとめ

三者面談で心身ともに疲れ果てたので寝落ちしましたごめんなさい。

広告を非表示にする