HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

幼稚園から小学生にかけて僕がした取り返しのつかないこと

どうもこんにちは。HaLuKaと申します。

さて、皆さんも幼稚園、もしくはそれに順する機関でお世話になったことがあると思います。

僕も千葉県の某所にある幼稚園にかなりお世話になりました。僕の初恋の人は幼稚園の先生です。

さて、僕は幼稚園から小学校にかけてあるとんでもないことをしてしまいました

そのことは今でも僕の生活に支障を来し、とても後悔していることです。

僕のようなことがこの先起こることは困るので僕の失敗談を書いておきます。

ー幼稚園の頃の僕

僕「(クッソ暑い夏なのに長ズボンずっと履いてる俺かっけぇwwwwww)」

先生「熱中症になるんじゃないかな?半ズボンのほうがいいよ?」

僕「や、大丈夫です。(大丈夫だからwww他の誰でもない俺だからwww)」

そう、僕は幼稚園のころはいわゆる痛い子だったのです。友人なんてほぼいませんでした。

みんなが遊んでいるところに混じったと思えば先生のところにすぐさま駆け寄り

幼僕「子供たちが僕の足を踏んだり目に指を入れたりしてくるんですよ。」

とか言っていたらしいです。(母談)とんでもなく痛い子ですね。

とんでもなく痛い子でしたがこの頃の僕はモテていました。(母談)

小学校中学年になったところで女子にはゴミを見るような目で見られるようになったので

察するに僕はこの頃にモテ期が終了してしまったようです。死にたい。

さて、そんな痛い状態で幼稚園を卒業しました。延々長ズボンです。

ー小学校

僕「(ジャージの上にジャージ着てる俺かっけぇwwwwマジ神だわwwww)」

僕「(真夏だけどマフラーしてる俺ネクタイっぽくてマジかっけぇwww天才だわw)」

母「お前いつの日か熱中症起こすぞ。」

先生「体に悪いよ!?ほんとにやめたほうがいいよ!?」

僕「いや大丈夫ッス。(いやwww俺だからwwwww大丈夫なんでwwwwフォカヌポゥwwww)」

ー中学校に上がって

僕「(俺何してたんだーッ!!!!死にたい死にたい死にたい!)」

中学に上がってからようやく自分がどれほど痛いことをしているのか気がつきました。

f:id:HaLuKa:20140414215242p:plain

ー秋

友人「お前なんでそんなに汗かいてるの?涼しくね?」

僕「うん。涼しいんだけど汗がやたら出る。」

そう、昔から変な格好をしていたため汗による温度調整がおかしくなったのです。

今はだいぶ良くなりましたがそれでもまだかなり汗が出るのです。キツイです。

みなさんも中二病をこじらせてのちのち困ることのないように・・・


こじらせた例


ではまた・・・