HaLuKaの日記

不定期更新です。 メアド〈haluka_220☆yahoo.co.jp〉

アクセスカウンター

説明会日記!

こんにちは!

そろそろこの最初の小ネタがなくなってきて困っています。

どうも、HaLuKaです。

言い訳だけでもさせてください。学校に行かなくなって友人と合わなくなってから、

面白いことが特に何もおこらなくなったのです。

なんと言えばいいのでしょうか。学校とはなんとも素晴らしいものだったのですね。

とりあえず28日、今から10日後には離任式で一度学校に行けるので

その時にいろいろくだらないことでもしたいと思います。

さて、そんな地味男子な俺ですが今日は高校説明会がありました!

そんな今日を振り返っていきましょう!

ー昨日の夜

俺「明日は高校説明会だからしっかり寝ないとな!」

ー朝の5時

俺「寝れねぇー…

そう、俺は実は昨日3時まで寝ていたので一切寝付けません。

一言で言うならば馬鹿ですが仕方がないので音楽聴いたり塾の宿題を消化してました。

ー7時

俺「ひっさびさの徹夜ー!」

俺「しかもハイリスクローリターン!!!」

俺「無意味!!!!

ここまで無意味なことも無いでしょう。吐きながら拭き掃除をするのと同じです。

ぼやいても仕方がないので居間へ行きました。

母「…お前今の今まで起きてたろ。」

俺「なんでそういう考え方しかできないの!?俺が早く起きたって考えられない!?」

母「考えられないかな。」

俺「正解。」

このあといろいろあって母親に顔面を踏まれたりしていると時間が過ぎていきました。

母「そろそろ行こうか」

俺「ガッテン」

そう、俺はあと少しで高校男児。性別を変えればみんな大好きJKになれるのです。

そのためには直接高校に行き、いろいろと話を聞いて、教科書を買わねばならないのです。

母「あー…すっごい行きたくない。外寒そう。」

俺「外寒いよ。俺もすっごい行きたくない。」

多数決が採用されれば俺たちは家でラーメンをすすっていたのですがそうもいかないので

冷たいサドルに腰を下ろして駅まで行きました。

ー途中

俺「なんで追い風と向かい風が交互に来るんだよ!」

母「人生の厳しさを教えてくれてるんじゃない!?」

俺「もういい加減学んだわ。」

ー高校

先生「~~が~で…」

俺「(徹夜した眠気が…今襲って来るだとッ!?)」

俺「(寝ちゃいけない…寝ちゃいけないんだーッ!)」

ー数分後

俺「」

爆睡しました。細かいところは母親からすべて聞きましたのでOKです。

ー先生

先生「変な写真をネット上に上げないように。飲酒とか。」

俺「飲酒とかってことは俺は大丈夫なんだよね?(小声)」

f:id:HaLuKa:20140313193421j:plainこれとか

f:id:HaLuKa:20140314222255j:plainこれ

母「大丈夫なんじゃないの?別に脱いでるだけでしょ。」

「別に」の許容範囲がやったら広い気がします

ー終わって

前の人がいきなり俺に挨拶をしながら俺の肩を軽く小突きました。

俺「!?」

母「!?」

そう、俺はこういったことは一切知らないのでなんて返せばいいかわかりませんでした。

でも同じクラスなのでとりあえず挨拶はしておきました。

ー帰り道

母「めっちゃトイレ行きたい。」

俺「俺も。SSTまであと少しだし頑張れ!」

母「SSTってなんだよ。」

俺「スーパー・小便・タイム。」

母「ひっでぇwwwww」

ー家

母「今日はちょっと夢のある食事にしてみた」


f:id:HaLuKa:20140318185554j:plainどん

大量のソーセージとパスタと芋です。好物しかありません。

俺「これでここ1ヶ月のソーセージ分はとったわ。」

全部食べました。すっごい美味しかった。


・・・そしてそのままのテンションで今に至ります!

今日はなかなか楽しかったので明日もこうであるといいですね!

とりあえず今日小突いてきた人とは積極的に仲良くしたいと思っています!

ではまた!

広告を非表示にする